お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

それやっちゃう!? 女子トイレで遭遇した珍事件5選「女装したおじさんが出てきた」

カンナ マコ/OFFICE-SANGA

毎日必ずどこかでお世話になる女子トイレ。毎日のことだからこそ、職場や公共の女子トイレで、思わず目を疑うような光景やドン引きするような出来事に出合うこともありますよね。そこで今回は、女子トイレで遭遇した珍事件について、働く女性たちに聞きました。

マナーを守って!

・「流さずにものすごく汚い使い方をされたままだった」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「髪の毛をといて洗面台に落ちた毛はそのままで出て行った人」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「駅のトイレに大量の髪の毛が落ちていた。近くには『ここで髪を染めないでください』の張り紙……」(25歳/情報・IT/技術職)

・「生理の血を落としたまま出てきた同僚がいた」(30歳/電機/事務系専門職)

・「使用済みの生理用ナプキンがそのまま放置されていて、サニタリーボックスに入れるはおろか、ティッシュなどにも包まれておらずむき出し。オマケに便器のまわりも経血だらけ。いくら同じ女子でもそんな女の人、不潔すぎて嫌悪感マックス! マナーの悪さが信じられない」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

公共のトイレを平気で汚していく人は、自宅でもそうしているのでしょうか? ちがいますよね。誰でも使えるトイレだからこそ、みんなが気持ちよく使えるように配慮したいものです。「どうせ誰かが掃除してくれる」と思っていると、トイレの神さまに嫌われますよ。

手早く洗ってふきましょう

・「手を洗わずに出ていく女性。私には信じられない」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「潔癖症の人なのか、手を3分以上洗っていて怖かった」(33歳/金融・証券/専門職)

・「手をふかずに出て行く子はどうかと思います」(32歳/学校・教育関連/営業職)

用を足したら手を洗う。子どもの頃から教えられている基本的な生活習慣のはずなのに、洗わない人もいるのですね。ぬれた手で髪の毛を直すフリをして、ふかずにそのまま出て行く人は、女子トイレでは「あるある」な光景です。

たまにある……かも?

・「ドアを開けたら、中の人がカギをかけ忘れてて開いた」(31歳/生保・損保/事務系専門職)

・「個室のドアを開けたまま用を足しているおばあさんがいた」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「トイレに入ったら男の人が居てびっくりした。いまだに理由がわからない」(32歳/不動産/専門職)

・「女子トイレに男性が間違えて入っていてひいた」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「目の前に並んでいる人が大柄な女装の人だった」(32歳/金融・証券/営業職)

・「女子トイレから女装したおじさんが出てきた。男性トイレと間違えただけなのか、本当に女性として入っていたのかは謎です」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

ドアを開けたら用を足している人がいた! という経験は、ごくたまにあるかも。そういう筆者も、あまりに慌ててトイレにかけこんだ末、閉めたつもりのドアが半開きのまま、気づかずに用を足していた赤面の過去あり。女子トイレで男性と遭遇すると、一瞬自分が間違えて男子トイレに入ったのかと、ドッキリしますよね。

迷惑ですよ?

・「大声で携帯で話す人」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「職場の一つしかない個室トイレにこもってスマホゲームをしている女性の先輩がいてドン引きしている」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「すごく忙しいマネージャーレベルの女の先輩が家に帰れないからと会社のトイレの洗面所でシャンプーしていた……」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「同僚が職場の個室トイレでキスしていた」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「公共のトイレにコンドームが捨ててあった」(30歳/ソフトウェア/技術職)

トイレはどこにでもある身近な密室であり、一人になれる場所でもあります。でも、決して自由なプライベート空間ではありません。誤った使い方をすると、必ずまわりの人に迷惑がかかるし、誰かが見ていますよ。ゲームもキスも、自宅に持ち帰ってくださいね~!

こ、こわい……

・「アイプチをつけてる同僚がいて二重だと思ってたから驚いた」(30歳/電機/事務系専門職)

・「メイクを仕上げている人が、最終的には目パッチリのギャルになっていてびっくり」(26歳/電機/事務系専門職)

・「ショッピングセンターのトイレでセーラー戦士がそろってメイクをがっつりしてた」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「女子トイレのトイレットペーパーに、なぜか抜いた毛がびっしりついていてドン引きした」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「職場のトイレにゴキブリが出た」(23歳/その他/事務系専門職)

・「嗚咽の声が聞こえた」(26歳/金融・証券/営業職)

・「トイレにリアルにカメラが仕掛けてあった時」(30歳/医療・福祉/専門職)

最近のデパートやショッピングセンターの女子トイレは、パウダールームが充実していることもあり、トイレで大変身する人を見かけます。近くでコスプレイベントがある日は、高確率で遭遇。職場のトイレでアイプチしちゃう人、オフレコではないの!?

ちょっと笑えるものから、信じがたい出来事まで、いろんな珍事件が飛び出しました。公共のトイレは、お互いにマナーを守って気持ちよく使いたいものですね。筆者の心がけは、洗面台のまわりの水はねが気になるので、使用後はなるべく拭くようにしています。

(カンナ マコ/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数182件(22~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

カンナ マコ/OFFICE-SANGA

肉好きの草食系ライター。痩せの大食いで何でも食べるが、辛い物は苦手。

この著者の記事一覧 

SHARE