お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

なんじゃこりゃぁああ! トラウマになった彼女の手料理「なぜか甘いチャーハン」「味のない肉じゃが」

ファナティック

彼女が作ってくれた手料理なら食べたいに決まってますよね。和食でも洋食でも、自分のために手間をかけてくれた気持ちを考えるとむげにはできません。でも、こんな手料理はごめんだ!という思いをした人もいるようですよ。

■ありえない! まずいカレー

・「カレー。まずく作りようがない料理のはずなのに」(31歳/商社・卸/営業職)

・「カレー。まさか酸っぱいものを食わされるとは……」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「カレーを箱通りに作ったはずなのに……」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

具材を切って、市販のルーと一緒に煮込むカレー。失敗しようがなさそうですが、意外と焦がしてしまったり、凝りすぎてダメにしてしまうこともあります。実は危険なのです!

■変な肉じゃがを出された

・「味のない肉じゃが」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「味付けがなくてかなりまずい。本人は味付けを間違ったと言っていた」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「山盛りの肉じゃがのみ。みそ汁すらなし」(29歳/医療・福祉/専門職)

和食の王道肉じゃが。男子なら嫌いな人はまずいませんよね。肉じゃがを作るという行動に満足して油断すると、できあがりがとんでもないことになってしまいますよ。

■焦げて天に召されたものたち

・「丸焦げグラタン」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「黒焦げのギョーザ」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「鍋ごと黒焦げになった正体不明の料理……」(33歳/情報・IT/技術職)

焼くまでは完璧でも加熱時間を誤ると食べられなくなってしまいますね。焦げてしまうと食材も彼もガッカリです。焦がしてお腹をすかせてしまうことのないようにしましょう。

■甘過ぎる手料理!?

・「なぜか甘いチャーハン」(22歳/情報・IT/技術職)

・「甘過ぎるカレー」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

・「カレーが甘かったこと」(38歳/情報・IT/技術職)

卵焼きやすき焼きなど、甘さの好みが別れる料理はありますね。でも、普通は甘くしないだろうという料理が甘いとただただドン引きです。辛さやしょっぱさも愛情ですよ!

誰もが食べたいはずの彼女の手料理が、ドン引きする出来だとなんだか彼が気の毒ですね。ずっと外食でいいかも……なんて思われないよう、失敗したらリトライしてみましょう。見直してくれるかもしれませんよ!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年4月にWebアンケート。有効回答数107件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年09月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE