お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

同棲経験アリ⇒女子21.2% 一緒に住んでみて幻滅したコト・不満だったコト11

ファナティック

同棲今までちがう環境で暮らしていた人と、一つ屋根の下で共同生活をおくる結婚。どんなに好きで気が合う人でも、いきなりそんな状態になるのって、けっこう勇気が必要ですよね。だからこそ、結婚前に同棲をして、お互いのライフスタイルを知るといい、という方も多いもの。そこで今回は、女性のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q.男性と同棲または、半同棲した経験はありますか?

「ある」……21.2%
「ない」……78.8%

同棲、もしくは半同棲経験者は約5人に1人。彼女たちは一体どんな生活を送ったのでしょうか? 好きな人との生活、きっと楽しいことがたくさんあったでしょうが、イラッとしたり、幻滅したりすることもあったはず……そんなネガティブな経験があるかどうかも聞いてみました。

家事が……

・「寝起きが悪い、洗濯物をその辺に置いてる、酔っ払って帰ってくると私服のまま寝るなど彼のだらしない一面を見てガッカリした」(28歳/機械・精密機器/その他)

・「家事を手伝ってくれず、新しい食器をいちいち出してきて洗い物を増やして、イライラした」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「ゴミの分別について。家事の役割分担。どちらも仕事が忙しくてイライラしてすぐけんかになっていた」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「シャツを裏返しに脱いだまま洗濯機に入れたこと」(28歳/その他/その他)

お互い働いているのなら、家事の分担は必須。それなのに、「女は家事をするのが当たり前」というような態度を取られたら、まず結婚をしたいとは思えませんよね。

ライフスタイルが……

・「休日あまりにも寝ている時間が長い、もしくはオンラインゲームをしている」(30歳/その他/その他)

・「相手はソファに寝転がるのもNGだったけど、私はソファは寝転がってもいいところだと思って生きてきたので、有り得ないと思った」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「好きなテレビが見られないこと。競馬やサッカー番組を見たくないのに見させられていた」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「部屋でタバコを吸われるのが嫌だった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

いくら気が合う人でもライフスタイルまで合うとは限りません。こうしてほしい、と要望を言い合えない関係ならば、結婚は考え直したほうがいいかもしれませんね。

一人きりの時間が……

・「一人きりになる時間があまりなくて、落ち着かなかったし、家のことをほとんど私がやるはめになり、疲れた」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「一人の時間があまり確保出来ないときがあって、ストレスがたまり辛かった」(25歳/その他/その他)

・「自分の時間がなくなる」(24歳/農林・水産/その他)

今まで一人暮らしだった人ほど、一人の時間というのが欲しくなるもの。たまには彼抜きで一人好きなことにしたり、リラックスしたりする時間って必要ですよね。それがないことに大きなストレスを感じるのであれば、ちょっと結婚には向いていないタイプなのかも……。

同棲をすると、お互いのライフスタイルや、今まで気付かなかった性格に気づきます。それによって、さらに関係が深くなる人もいれば、逆に関係が破綻してしまう人もいるのです。もし、結婚を前提に付き合っている彼と同棲することになったら、まず一度、本当にその人と暮らしても大丈夫か、よく考えてみてください。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数203件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE