お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

まるでメデューサ! まとまらないパサパサ髪の毛、みんなどうしてる? 「水で塗らす」「くせを生かす」

ファナティック

まとまらないパサパサ髪の毛どうしてる?雨の日の朝、湿気で髪の毛が広がり、まるでメデューサのようなってしまって「どうやって会社に行けば!?」なんて途方に暮れた経験はないでしょうか。こんな日の髪の毛、働く女性はどうやって対処しているの? 聞いてみました。

Q.女性に質問です。髪の毛がどうしてもまとまらず困ったことはありますか?

はい……53.0%
いいえ……47.0%

今回のアンケートでは、髪の毛がどうしてもまとまらず困った経験がある女性は約53%と、半数以上という結果に。やっぱりみなさん、湿気のある日のセットには困っているようです。ではどうやってこの髪の毛をまとめているのか? 詳しく聞いてみましょう。

湿気で広がった髪は、水の力で戻せ?

・「水で濡らしてドライヤーで再度乾かす」(32歳/不動産/専門職)

・「水で全面的に濡らす。くくる→自然乾燥」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

湿気で髪の毛が広がってしまうのは、湿気によって髪の水分量バランスが崩れてしまうためなのだとか。そのため一度全面的にぬらしてしまって、髪の毛に含まれる水分量を均一にした方がまとまりやすくなるのだとか。湿気の多い日は、ぜひ参考に!

まとまらない日の強い味方、ヘアアイロン

・「まとめることをあきらめて、ヘアーアイロンでとにかく髪をストレートにする」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ヘアアイロンとかワックスでボリュームをおさえる」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

髪の毛の水分バランスをととのえて、髪の毛をまっすぐ仕上げるのに、役立つのがヘアアイロン。髪の毛をもう一度濡らして乾かす暇がない、忙しい朝にこれがあるととても助かりますよね。

まとまらない髪は、ヘアアレンジで解消

・「くせっ毛をいかした外国人風のスタイリングにする」(22歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「まとまらない日は編みこみしています」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

髪の毛がまとまらない日は、逆にそれを生かして外国人風スタイリングにする方法も。それでもどうにもならないときは、編みこみでまとまらない髪をねじ伏せてしまう方法もあります。ヘアアレンジさえできれば、湿気の多い日も安心ですね。

ヘアケア用品で、髪の毛の水分量をととのえる

・「洗い流さないトリートメントで落ち着かせる」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ヘアウォーターで濡らして、まとめやすくする」(26歳/農林・水産/技術職)

また水ではなく、ヘアケア用品で髪の毛の水分量をととのえて、髪の毛を落ち着かせるのも効果的なよう。いざというときのためのヘアケアグッズを入手しておけば、朝も慌てずに出勤できそう?

その日の髪コンディションがどんな状態かは、翌日起きてみないとわからないもの。翌朝、自分のメデューサ状態にびっくりして慌ててしまう人も多いのではないでしょうか。余裕を持って出勤するために、ぜひ困った朝は上記のような対策を参考にしてみてください。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数213件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE