お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

オムレツにハートマークは女子の自己満足!? 男子約5割が「うれしくない」と回答した理由って?

ファナティック

オムライスオムライスにケチャップでハートを描いたり、お弁当の海苔でハートをかたどったり……。ラブラブじゃないとあり得ない女性から男性への愛情表現、みなさんは経験ありますか? 今回は男性のみなさんに「料理に込められた女性の愛情表現」について本音を探ってみました。

Q.オムレツにケチャップでハートを描いたり、お弁当の具材でハートをかたどったりする、女性からの愛情表現はうれしいと感じますか?

「うれしい」……53.9%
「うれしくない」……46.1%

ほぼ半々という結果が出ました。女子にとっては非常に興味深いです。どんなやり方ならうれしいのか、どうなってしまうと嫌がられるのか、男性からの意見を参考にして考えてみましょう。

<「うれしい」派の意見>

わかりやすい愛情表現だから。

・「気持ちを形で表してくれると、うれしいから」(29歳/不動産/その他)

・「そういうことをしている限り、いつまでもケンカにならないと思うから。うれしくないわけがない」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「自分に興味を持ってくれてると思えるから」(25歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「それをしているときのことを想像するから」(31歳/食品・飲料/技術職)

本当に愛情がなければ、ハートをつけた料理を作れるはずがありません。あからさまなハートは、男性にとって素直にうれしい気持ちが生まれるようです。気が向いたときにやってあげると、会話が盛り上がって楽しいかもしれませんよ。

「うれしい」にもいろいろある

・「照れくさいけど、うれしい」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「うれしいけれど、二人きりのときにしてほしい。はずかしいので」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「彼女からだったらうれしいが、それ以外なら微妙」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「遊び心があるとうれしい」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「たまにだったらうれしいと思う」(39歳/情報・IT/技術職)

オフィスで食べるお弁当にハートマークがあると、周囲から見られてしまいます。もらった男性が恥ずかしいと思うような場面では、あまりしないほうが賢明かもしれません。また、するならすでに付き合っている相手にたまにする程度にして、笑えるような演出をしながらやると、男性も楽しく受け取れるようです。

<「うれしくない」派の意見>

人に見られたら恥ずかしい

・「まわりに見られたら、恥ずかしいから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「周囲に見られる状況のときに、気をつかってしまうから。シンプルなほうが有り難い」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「食べにくいし、人目につくのがはばかられるため」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

やはりハートマークは恥ずかしいと思う男性も多いようです。やるなら家の中だけでやると、素直に受け取ってもらえるかもしれません。また、ハートマークになったケチャップを崩したりするのに気をつかうので、食べにくいという意見も見られました。

「これはちょっと……」と思う理由いろいろ

・「食べ物で遊んでほしくない」(27歳/情報・IT/営業職)

・「そんなもんよりうまい飯を作ってくれ」(27歳/通信/技術職)

・「ちょっと重いかな、と思ってしまうから」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「少しうっとうしくて、そういうことをする私がかわいいと思っていそう」(24歳/学校・教育関連/その他)

見た目より味! という男性の意見もちらほら……。どんなに愛情が止まらなくても、デコレーションのやり過ぎは禁物なのかも(笑) また、ハートマークを作る女子自身に対して「重い」とか「うっとうしい」という気持ちを持つ男性が少なからずいるのも確かなようです。相手の男性に合わせて工夫するのがいいでしょう。

男性の本音、いかがでしたか? ハートマークをケチャップで描くという行為は、かわいらしい愛情表現と思われる程度を超えてしまうと一気に男性が萎えてしまうことがわかりました。周囲に見られないように、さりげなく明るくやるのがいいようですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年5月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2015年06月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE