お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「俺たち勘違いしちゃうよ?」 スキンシップ女子って、どういうつもりで触ってくるの?

ファナティック

スキンシップ女子気になる男性へのアピールとして、よく使われる女性の恋愛テクニック「ボディタッチ」。さり気なくふれることにより、男性をドキドキさせるこのテクニックですが、中にはまったく意識していない男性にする人もいるそうで……。

【ラブホ代、男性が払ってトーゼンでしょ⇒女子●●%! ご飯代は割り勘OKなのに、なぜ?!】

Q.好きじゃない異性にも、ボディタッチをすることはありますか?

「ある」……15.2%
「ない」……84.8%

働く女性たちにアンケート調査をしてみたところ、このような結果が得られました。好きじゃない相手にもボディタッチをしたことがある女性は、7人に1人程度の割合でいるようです。彼女たちはどうして男性に触れるのでしょうか?

ついつい、癖で……

・「ボディタッチというか、恥ずかしいと人をたたく癖があるので」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「癖かもしれない」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「大笑いしたときとか、ついやってしまうことがあるから」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「呼び止めるときとか話の流れとか」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

癖で触れてしまい、男性たちに淡い期待を持たせる罪な女性があちこちにいる様子(笑) 女子のみなさん、無意識に男性をときめかせてしまっちゃってますよ~!

ボディタッチは親近感の現れ

・「1つのスキンシップの形だと思うから」(22歳/農林・水産/その他)

・「ボディタッチをわざわざするという認識ではなく、特に抵抗なく触れられるというだけだから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「冗談を言うときなどに肩をたたくのは癖。親しみの証」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「親しみを込めて」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

親近感を込めて、あえて触れる人も。男女に隔たりのない付き合い方の仲間内であれば、変な勘違いはされないかもしれません。

甘えたいとき、かまってほしいとき

・「『なんで?!』とか『聞いて聞いて!』とか言うときに、腕を触ったほうがかまってくれそうだから」(22歳/建設・土木/事務系専門職)

・「いやな仕事をしてもらいたいから」(34歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「不安なとき、怖いとき、緊張してるときにふいに近くの男の手を握ることはある、やっぱり人の手を握っていると安心できるし」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ちょっと甘えたい気分のとき」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

こちらは計算が含まれているのでしょうか……。ボディタッチをすれば、男性が喜び、態度が軟化することをうまく利用しているのでしょう。ちょっと小悪魔ですね。

男性にとって、女性から触れてくることは特別なこと。本人にその気がなくても、「この子は俺のこと、触れたいと思っているのか!」と勘違いしてしまう男性も珍しくありません。よっぽど気心が知れていない限り、触れる相手は選んだほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月24日~5月8日にWebアンケート。有効回答数204件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE