お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

今、求められるのは“浄化系癒し”! 「森永アロエヨーグルト ヒーリングGARDEN」イベントに潜入

平野智美/OFFICE-SANGA

同世代女子が気になるトレンド情報から、新商品、人気スポットなどまで、ランチタイムの話題にしたい、気になるあれこれをピックアップ!

「くにゅっ」「しゃくっ」といった食感がたまらない「森永アロエヨーグルト」。実はこのアロエの食感は、「浄化系癒し」をもたらしてくれるのだとか。

この森永アロエヨーグルトが2014年12月で20周年を迎え、森永乳業では「1粒ごとに気持ちがキレイに癒されていくプロジェクト」を発足。その一環として、アロエの食感をたっぷりと楽しめる癒しのイベント「森永アロエヨーグルト ヒーリングGARDEN(ガーデン)」を東京ミッドタウンで開催すると聞いて、ワクワクしながら行ってきました!

都会のど真ん中に現れたヒーリングスポット

イベントが行われたのは、4月17日(土)、18日(日)。緑を基調にした会場は、都心に突如あらわれた癒しの空間でした。

会場を訪れるとまずは顔認識による「癒し診断機」で食前の笑顔度をチェック。まだ午前中でテンションが上がってないせいか、筆者の笑顔度は低め……。

その後は緑のトンネル「巨大キューブボックス」を通って会場へ。巨大キューブボックスの中ではパネルをタッチして、アロエの食感音を体感しました。

そしていよいよメインの広場に入ると、正面には緑のワゴンが。ここで森永アロエヨーグルトを受け取って試食します。ほどよい甘さと、粒が大きめのアロエの食感がたまりません。心地よくシャキッとし、身体が目覚める感じです。

その最高のタイミングで再度、会場に備えつけられていた癒し診断機でチェック。見事に笑顔度がググッとアップしていました!

実はこの森永アロエヨーグルトに入っているアロエの食感には、「浄化系癒し」の効果があると言われているのだとか。確かに食べているうちに気持ちがスッキリとして、笑顔も増してくるように感じました。

(左)巨大キューブボックスでパネルを押すと「しゃくっ」などの食感音が! (右)癒し診断機が顔を認識し笑顔度をチェック

「浄化系癒し」とは?

ところで、「浄化系癒し」というキーワード、初めて聞いた言葉です。この疑問を解決すべく、森永乳業 ヨーグルトマーケティンググループの土岐晃彦さんに森永アロエヨーグルトの魅力と癒しについてうかがいました。

――今回のイベントのテーマは「浄化系癒し」とのことですが、森永アロエヨーグルトにその力があると発見したきっかけとは?

土岐さん「今年で20周年を迎えた森永アロエヨーグルトは、フルーツヨーグルトカテゴリーで19年連続売り上げ1位を獲得してきましたが、なぜ長くご愛顧いただけるかをお客さまからうかがったところ、『癒されてスッキリする』という声が多くありました。そこで女性ストレスの専門家である大美賀尚子先生に、森永アロエヨーグルトが持つ癒しの力について分析していただいたところ、『浄化系癒し』の力があると指摘を受けたのです」

――この「浄化系癒し」とは何ですか?

土岐さん「大美賀先生によると、癒しはジョギングなどで得られる『燃焼系癒し』、ヨガなどでもたらされる『極楽系癒し』、楽しむことで得られる『興奮系癒し』、そして気持ちのデトックスが行われスッキリとする『浄化系癒し』の4種類があるとのこと。アロエを食べた際に得られるスッキリ感は、この『浄化系癒し』にあてはまるとのことでした」

――アロエを食べるとどうしてスッキリし、心が浄化されるのですか?

土岐さん「やっぱりあの独特の食感です。アロエを噛んだときの心地よい食感が、心にとてもよい浄化作用を与えるそうです。実際当社が行なった調査でも、83.2%の人から気持ちがスッキリし『癒される』と回答をいただきました」

――そんなアロエの癒し効果を広めるべく展開される「1粒ごとに気持ちがキレイに癒されていくプロジェクト」ですが、今後のイベントの予定を教えてください。

土岐さん「『浄化系癒し』をお伝えすべく、今日と同様のイベントを日本各地で開催していきたいと思っています。もっともっと多くの方に食べて癒されていただきたいですね。インターネットのサイト内でも随時、イベントや森永アロエヨーグルトに関する情報をお伝えしていきたいと考えています」

みなさんの街にも、この癒しのワゴンがやってくるかもしれませんね。そのときにはぜひ、アロエでスッキリ体験をしてみてください!

森永アロエヨーグルト

http://www.aloe.ne.jp/

(平野智美/OFFICE-SANGA)

平野智美/OFFICE-SANGA

埼玉県出身。『TVぴあ』の記者を皮切りにライター・編集稼業スタート。旅行雑誌『エイビーロード』に関わったあたりから旅行記事へとシフト。数々の雑誌、MOOK、ガイドブック、旅行パンフレット、インターネットのサイトで旅行記事、グルメ記事、エンターテインメント記事を手掛ける。旅行記事で得意なのはアジア、ハワイ、アメリカ(主に南部)など。城めぐりやフラダンスが趣味。地元・埼玉をこよなく愛する。

この著者の記事一覧 

SHARE