お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

スタイリストさん教えて! 流行の白レースを大人女子が着こなす3つのポイント

さとうまほ/Pistachio

春と言えば、ふんわりとしたレースの似合う季節。今春は白レースアイテムが要チェックです! サカイやヴァレンティノといった、さまざまなブランドコレクションに登場しています。目指すのは可愛くなりすぎない、大人女子でも楽しめる上品なレースコーデ。着こなしのポイントを、スタイリストの福田さんに教えてもらいました。

【春までにダサ重から脱却! スタイリストに聞いた「アイスグレー」の使い方】

■なぜ定番の白レースが今注目を浴びているの?

「レースはもともと毎年春夏には欠かせない素材。今季は例年と異なり、コットンのカットワークレースのような、よりフェミニンなものが主流となっています。デニムやフリンジなど、レースと好相性な70’sの流行が、大きく影響しているよう。ジェーン・バーキンやブリジット・バルドーなど、当時の人気女優たちもこぞってレースアイテム×デニムを着こなしていました」(福田さん)

■トレンドを押さえたレースアイテムの取り入れ方

どちらかというと大人っぽい、エレガントなイメージのレース。それだけで十分にフェミニンなため、コーディネートも似たようなスタイルになりがちです。そんな方におススメなのは、今年大注目のコットン系のレース! どこか懐かしい、柔らかな空気感がフェミニンさを適度に抑えてくれます。また、純粋さを感じさせるホワイトなら、よりふんわりとした印象に。適度にカジュアルダウンできるため、着回しやすいのもうれしいポイントですよね。

また、デニムやミリタリー、スニーカーなどメンズライクなアイテムを使ったコーデも◎。お手軽に人気の「甘×辛」ミックススタイルを作れます!

2015春夏注目の白レースアイテム [Sweet&Sheep/税込6,166円http://item.rakuten.co.jp/sweet-sheep/30010654/]

2015春夏注目の白レースアイテム [Sweet&Sheep/税込6,166円http://item.rakuten.co.jp/sweet-sheep/30010654/]


■大人可愛い上品なレースコーデのコツ

福田さんのおススメは、デニムなどのカジュアルアイテムを取り入れたり、グレーや黒など落ち着いた色と合わせるコーディネート。ぐっと大人っぽいコーデに仕上がります。また、せっかくの春なのに落ち着いた色ばかりじゃつまらない……。そんな方には、パステルカラーがお似合い。淡い色同士なら喧嘩することなく、春らしくて優しいカラーコーデを作れます。

「そのほか、甘くなりすぎない着こなしのポイントは、小物の使い方です」と、福田さん。特に取り入れるべきは、モノトーンコーデの要素。黒を挿し色に使うことで、全身の印象がキリっと引き締まります。逆に柔らかいベージュトーンをあわせれば、明るさが加わり、春らしさたっぷり。シーンを選んで、それぞれの着こなしを楽しんでみてはいかがでしょうか。

■スタイリストさんに聞いた! 旬のレースコーディネート

(1)レーストップス×デニムパンツ
フェミニンなレーストップスだって、カジュアルダウンさせるのが今年の旬。一枚で甘さを演出できるアイテムにデニムやかごバッグ、サンダルなど抜け感のある小物をあわせましょう。全身の“甘さ×抜け感”のバランスが整い、デイリールックに早変わりします。

小物をきかせたカジュアルダウンコーデ

小物をきかせたカジュアルダウンコーデ

(2)デニムシャツ×レーススカート
レーススカートは、甘すぎスタイルを避けるため、タイトなシルエットを選ぶのがコツ。今年も注目の続くデニムシャツを合わせれば、きれい目カジュアルにまとまります。さらに引き締め役として、ネイビーの肩掛けニットとポインテッドのフラットシューズをプラスしてみて。オンでもオフでも使えるワントーンコーディネートの完成です。

ワントーンでまとめた、きれい目すっきりコーデ[LEEマルシェ 12closet/【福田さんコラボ】ウエストゴム レーススカート 税抜11,800円 http://flagshop.jp/lee/shop/g/g180809/?id=ex150408br21866]

ワントーンでまとめた、きれい目すっきりコーデ[LEEマルシェ 12closet/【福田さんコラボ】ウエストゴム レーススカート 税抜11,800円 http://flagshop.jp/lee/shop/g/g180809/?id=ex150408br21866]

 

(さとうまほ/Pistachio)

さとうまほ/Pistachio

クリエイティブユニット・Pistachioに所属。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業後、一般企業に勤務。紆余曲折を経ながらも文筆業への夢を諦めきれずライター業に挑戦、今に至る。現在はファッション、フードなど女子にうれしい分野をメインに執筆。分野にこだわらないオールマイティーなライター目指して、趣味のお酒に溺れながら日々奮闘中。

この著者の記事一覧 

SHARE