お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

大人女性が伝授する、「オシャレな都会の女感」を保ちつつ節約できるコツ4選

ファナティック

都会で暮らしていると何かと物入りですよね。節約はしておきたいですが、貧乏な感じを出すと正直カッコ悪いです。「オシャレな都会の女感」を保ちつつ節約できるコツはないのでしょうか? それは、大人女性のみなさんが伝授します!

■服はシンプルなものを

・「服を買うときは着回しできるシンプルなデザインのものを買う。ただしユニクロ・しまむらは着ない」(23歳/通信/技術職)

・「ファストファッションブランドで買い物をするときは、モノトーンでシンプルな洋服を選ぶ」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「服装をシンプルにすると、洗練された感じになるし、流行がないので長く着られる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

流行にとらわれないシャツやパンツなど、ベーシックなものを選んで着回ししましょう。

■プチプライスを取り入れる

・「古着屋さんで安くブランドの洋服を買う」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「はやりの服だけど、プチプラなものを選ぶ」(28歳/食品・飲料/技術職)

・「ZARAとかユニクロとかのプチプラアイテムを上手に取り入れる」(30歳/金融・証券/営業職)

はやりものはプチプライスのアイテムで取り入れます。中古品ならブランド品でもお買い得ですね。

■一点豪華主義にする

・「服はバーゲンで購入する。一点はいいものを持ち、その他はファストファッションにする」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「人に見えるところはある程度ぜいたくなものを選ぶ」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「服ではなくて、アクセサリーやカバンなど小物をこだわる」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

一つ高級品を身につけると、不思議とほかのものまでよく見えるものです。利用しない手はないですね!

■食事代をカット!

・「仕事のときは、ランチに行くのではなく、お弁当を持参して、お金を使わないようにする」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「食材を買うお店は近所のお買い得なお店にすること」(32歳/その他/事務系専門職)

・「閉店間際のデパ地下の弁当」(33歳/金融・証券/専門職)

食費はこっそり節約しやすい出費ですよね。少し手間をかけて削ってしまいましょう。

大人女性が伝授する、「オシャレな都会の女感」を保ちつつ節約できるコツをご紹介しました。いかがですか? なかなかオシャレだったのではないでしょうか。節約はちょっとつらいですが、スマートに楽しみたいですね!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年4月3日~13日にWebアンケート。有効回答数187件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年04月20日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE