お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

食欲の春!? 「春になると食べたくなる食べ物」5選

ファナティック

そらまめ、たけのこ、春キャベツ……。春になると、一斉に土の中から顔を出す山菜や菜の花がおいしい季節になりますね。ほかの季節にはない、みずみずしい野菜のおいしさが味わえます。そこで今回は、春になると食べたくなるものについて、働く女子のみなさんに聞いてみました。

たけのこ

・「たけのこ。春の食べ物だし、たけのこご飯やたけのこの天ぷらが食べたくなる」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「たけのこ。新鮮なものは少し塩を振って焼くだけですごくおいしいです」(31歳/その他/その他)

・「たけのこご飯。大好物なので、水煮じゃなくてちゃんと生のたけのこを使いたい」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

先の部分はやわらかく、根本はシャキッとした食感が絶妙のたけのこ。先の部分はサラダに、根本は天ぷらや炒め物に、どんな調理法にも合うなじみ深い野菜です。あく抜きが面倒ですが、一度チャレンジしてみては?

菜の花

・「菜の花を使ったパスタなど。春野菜の苦みが好き」(30歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

・「菜の花のおひたし。春野菜は好きだが、もっとも好きなのが菜の花なので」(31歳/医療・福祉/専門職)

ちょっとほろ苦い大人な味。おひたしや天ぷらがメジャーですが、貝類との相性がいい菜の花はクリーム煮などでも活躍できる万能野菜です。

春キャベツ

・「春キャベツなどを使ったパスタ。本当に春しか食べられないから」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「ロールキャベツ。わが家では春と冬によく作るので」(27歳/金融・証券/営業職)

・「春キャベツとアンチョビのパスタ。春キャベツの甘みがすごくおいしい」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

いつも見るキャベツとはちがう、葉の巻きがふんわりとしているのが特徴の春キャベツ。そのまま食べてももちろんおいしいですが、ロールキャベツや重ね蒸し、ポトフなど、キャベツのおいしさがよりわかりやすい料理が人気のようです。

いちご

・「いちごです。甘酸っぱくてみずみずしいのでおいしいなと思います」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「いちごのデザート。春と言えば、どこのレストランやお菓子屋さんでもいちごのデザートが増えるから」(25歳/その他/その他)

春になり実をつけるいちご。いちご狩りなどもこの季節に多くあり、あたたかいビニールハウスの中で食べるいちごは絶品。春を感じますね。

あえてのパン!?

・「サンドイッチ。サンドイッチを作って外で食べたくなる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「パン。パン屋で買って外で食べたくなります」(30歳/金融・証券/営業職)

お花見シーズンともあって、あえてサンドイッチやパンなど、外でつまめるものが食べたくなるという人も。桜味のケーキを作ってみんなで食べるのもまた乙なもの。

みなさん「春といえば……」で連想するものとして、野菜類が多く挙がりました。また、春はお花見シーズンということで「桜」から桜餅を食べたくなる人や、あたたかい公園で広げるお弁当に想いをはせる人も。あなたは春になると、どんなものを食べたくなりますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数131件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年04月11日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE