お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

思い出してもぞっとする! 女性に聞いた「旅先のホテルで奇妙な体験」4選

ファナティック

枕が変わると眠れないという話はよく聞きますが、旅行などでいつもとちがう場所で寝るときって確かにちょっと違和感を感じてしまいますよね。そういう先入観があるせいなのか、それともその場所に本当に何かがあるのか旅先のホテルで奇妙な体験をしたという話ってよく聞きませんか? 今回は、女性たちが体験したホテルでの奇妙な話を集めてみました。

■背筋がぞっとする恐怖体験

・「寒気がしたら写真に写っていた」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「寝ていたら誰もいないはずなのに、肩をたたかれた」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「金縛り」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

やはり、こういった怪談的な体験って旅行先のホテルで体験してしまうことが多いようですね。せっかく撮った記念写真にあり得ないものが写っていたという人やひとりで寝ていたはずなのに肩をたたかれた人など、考えただけでぞっとしてしまいそうです。

■ドラマのようなホントの話

・「ホテルで夜中に警報がなった。外が火事になったという警報で、ホテルに被害はないのでそのまま寝た。朝起きたら放火殺人があった」(31歳/その他/事務系専門職)

火災警報が鳴ったものの何事もなく安心して寝たら近くで殺人事件があったという体験をしたという人も。ドラマではよくあるシチュエーションですが身近で起きると怖いですよね。

■部屋が悪いの? それとも……

・「夜中に、部屋の隅がミシミシ音を立てた等」(23歳/その他/事務系専門職)

夜中にふと気づくと部屋の隅で音が……。古い建物ならきしんでるのかなとも思えますが、そうじゃなければかなり怖い話ではあります。音の発生源を確かめるのも何となく不気味なので放置しておくほうがいいかもしれませんね。

■ちょっと迷惑

・「隣の部屋の会話がうるさくて眠れない」(33歳/金融・証券/専門職)

ホテルの部屋ってそれほど壁が薄いわけではないから隣の会話がうるさくて眠れないほどというのも珍しいかも。恐怖体験ではないですが、迷惑な話ですね。

ホテルでの奇妙な体験ということで、ちょっと怖い話もありましたが、旅行の疲れや緊張などでぐっすり眠れていないことが原因になって金縛りのような状態になることもありそう。本当に何かあるホテルだったとしても「疲れてるせいだな」と思って寝てしまうのが勝ちですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年03月30日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE