お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

実はこっそり使ってます! 女性が愛用している雑誌のふろく4選

ファナティック

本屋さんで、女性たちの目を引く華やかなファッション雑誌。近年はその中身だけでなく、「雑誌のふろく」も凝っていますよね。「え!? これがオマケなの!?」と思った経験がある方も多いのではないでしょうか。女性たちの厳しい目線でチェックして、「これは本当に使える!」と思った雑誌のふろくを教えてもらいました。

Q.雑誌のふろくのバックなどを使ったことはありますか?

 「使っている」……24.0%
 「使っていない」……76.0%

なんと「使っている」と答えた女性は2割以上! ちゃんと雑誌のふろくが活用されていることを雑誌社の方たちへ報告したい気分になります! では、実際に女性たちが使っているお気に入りのふろくとは?

■ポーチ

・「大人ミューズに付いていたチャンミーのガマ口ポーチ。去年の7月からだから半年ちょっとくらい?」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「リンネルに付いているポーチは子どものおやつ入れなど子どものものに使っています」(30歳/学校・教育関連/専門職)
・「InRedのランバンとコラボしたチェーンストラップ付きポーチです。2カ月位使っていました」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

バッグの中の整理アイテムとしても活用できるポーチは、いくつあっても困らないもの。お気に入りのものがふろくでもらえたら、かなりお得です! 汚れを気にせず、ガンガン使える点もうれしいですね。

■ミニバッグ

・「withに付いていたIENAのミニバッグ。サイズがちょうどいいので会社で使っている」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「アンテプリマのバッグ、お弁当袋にしている」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

会社内での利用も便利なミニバッグ。「お弁当入れ」のほか、社内でちょっと移動する際に貴重品やスマホ、メイクアイテムを入れておくのにちょうどいいようですね。「会社の中限定」なら、「○○のふろく」というのも気になりにくいもの。同僚との話のネタにもなりそうです。

■シューズバッグ

・「Steady. 2014年 06月号『ポール&ジョー シスターのフラミンゴ柄シューズバッグ』。持ち手が付いた巾着袋で靴を入れるための袋。替えの靴を持ち歩く場面でしか使わないので出番は少ないが、生地も高級感があり柄もかわいいので大事に継続利用している」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

用途限定なら、さらに抵抗感は薄れます。「ちょうどこんな風に使えるバッグがほしかったの!」と思う品がふろくでもらえたら、かなりうれしいですね。

■トートバッグ

・「すごい昔になるがsweetのcherのミニトートバッグ。取っ手が黒くなって汚いと感じるまで使っていた」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「ステディーに付いていたビームスのトートバッグ。5年くらい使っています」(30歳/建設・土木/事務系専門職)
・「ステディーのレストローズとのコラボ。花柄のかわいいトートでした。今もたまに使っているから、一年くらい」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

雑誌のふろくとは思えないほどの大きさ! 本格的なトートバッグを愛用する方も多いようです。ちょっとした買い物に、旅行の際のサブバッグに……。いくつあっても便利です。普段使いをしても違和感を覚えない、そのクオリティーも魅力です!

意外と使える雑誌のふろくバッグたち。長期間にわたって、愛用している女性もいるようですね。これだけ愛用できれば、かなりのコストパフォーマンスです。かわいいな~と思ったら、思い切って手に取ってみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年03月10日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE