お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

メキシコ産アボカドは今が一番おいしい! そのおいしさを最大限に引き出す調理方法とは?

ファナティック

メキシコ産アボカドの旬は3~9月。まさにメキシコ産アボカドはこれから一番おいしい時期を迎える果物なのです。そこで、そのおいしさを最大限に引き出す、働く女性オススメのアボカド調理方法を聞いてみました。

■アボカドを温めて、おいしさUP!

・「アボカドのフライがおすすめです。アボカドがトロッとしておいしいです」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「アボカドを半分に切ってツナのせて、マヨかけて、オーブントースターで温める」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

アボカドは良質な脂肪分が多いため、温めることでやわらかくなる性質があります。その性質を利用してトロッとした食感を楽しみたいならフライにしたり、オーブンで温めたりするとよいそう。想像するだけでヨダレが出てきちゃいそうな、あったかおいしいレシピです。

■いつもの○○に混ぜるだけで、ふわふわクリーミーな食感に!

・「アボカドパン。ホームベーカリーでパンを作るときに一緒にいれる」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「アボカド入りシチューを作る」(23歳/電力・ガス・石油/営業職)

アボカドを入れるだけで、ふんわりクリーミーな食感になるのがこちらのメニュー。パンはトーストの上にアボカドをのせるだけでもかなりおいしいですが、生地に練り込んでしまってもおいしいのだとか。シチューもアボカドを入れれば、コクがUPしそうです。

■アボカドクリーム&ディップも最強

・「アボカドクリームにして、パスタにあえる」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「レモン汁を絞ってつぶしてディップにしてコーンチップスで食べる。グアカモレというメキシコ料理」(33歳/医療・福祉/専門職)

アボカドは濃厚なゆえに、たくさん食べるのが難しいもの。でもディップやクリームにしてしまえば、どんどんいけてしまいます。一番おいしい時期のアボカドを思う存分堪能したいなら、この調理方法でトライしてみて!

■アボカドで大人の味を楽しむなら、わさびじょうゆが一番

・「酢飯の上にマグロと一緒にのせ、ワサビじょうゆで食べるのが一番好きです」(28歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「サイコロ大に切ってサーモンやマグロの赤身のお刺し身とあえてわさびじょうゆで食べる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

アボカドの素材の味を思う存分堪能したいなら、なんのかんのいってわさびじょうゆが一番かもしれませんね。旬の味を旬のままにいただくのが日本流。素材の繊細さを味わうなら、海鮮と一緒にぜひわさびじょうゆでお召し上がりください。

これから一番おいしい時期を迎えるアボカド。これをメインに使った料理を提供してくれる飲食店も増えていますね。一年中おいしいイメージのアボカドではありますが、その旬の味とはいかほど?なのでしょうか。気になる方はぜひ召し上がってみてください。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年2月20日~3月2日にWebアンケート。有効回答数211件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年03月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE