お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

引越しシーズン到来! 女性のための「お部屋選びの重要ポイント」3選

ファナティック

転勤や転職で職場が変わるなど、4月からの新生活に向けて、3月は引越しのハイシーズン。今回は、女性が引越しをするときに知っておきたい、「お部屋選びの重要ポイント」をご紹介します。

■治安はやっぱり大事!

・「安全性。泥棒に入られた友人がいたので……」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「まわりの治安がいいか。駅から近い。コンビニがある。収納が充実している」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「夜遅くなっても、細い人通りの少ない道を歩かなくて済む場所にする」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

女性のひとり暮らしだと、やはり治安には気を遣いたいですね。何かがあってからでは遅いからこそ、お部屋の周囲の治安や、セキュリティはしっかりチェックしましょう。

■利便性=暮らしやすさ!

・「駅から家までの間にスーパーとか銀行があること。商店街とかあったら最高ですね」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「日当たりがいいことと、スーパーなどのお店が近くにあること。毎日のことなのでお店がそばにないときつい」(27歳/金融・証券/営業職)

・「駅やバス停が近くにある部屋を選びます。移動ができないと困ります」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「駅や職場の近くにスーパーやドラッグストアがあるか」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

どんなにお部屋自体がステキでも、まわりの環境が悪ければ台無しです。駅までの距離、スーパーやコンビニの場所、ライフラインをしっかり把握して吟味しましょう。

■騒音

・「静かで過ごしやすいか夕方に部屋を見に行く」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「集合住宅のときは生活音が気になるので角部屋や最上階にしてもらう」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「家のまわりの騒音。大きい道路沿いだと昼夜問わず、車の音がうるさかったりするので」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「木造は本当に音が聞こえるので選ばない」(29歳/生保・損保/営業職)

「昼間に内見したときは静かだったのに、夜になったらひどい騒音だった」という話はめずらしくありません。一度見ただけで判断せずに、時間を変えて本当に静かで安心できる部屋か判断しましょう。

大まかに3つの重要ポイントをあげましたが、いかがでしたか? どれも女性たちにとって、大切なお部屋選びのポイントですよね。引越しを考える際は、ぜひ参考にしてみてください!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数 女性199件(22~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年03月07日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE