お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

バレバレだから! 男性がウンザリする結婚に逃げようとしている女性の特徴4つ

ファナティック

仕事でツラいことがあった。周囲の友人がみんな結婚して精神的にキツイ……。女性には、「このイライラやプレッシャーやツラさをすべて結婚がすべて解決してくれるのでは?」と思う瞬間があるものです。ですが、それと「結婚に逃げる」のとは話が別。男性は女性の、逃げたい気持ちからくる結婚願望にはウンザリしてしまうこともあります。

Q.適齢期になり、結婚に逃げようとしている女性はわかりますか?

 「わかる・なんとなくわかる」……11.9%
 「わからない」……88.1%

多くの男性がわからないと答える中、敏感にその雰囲気を感じ取っている男性もいます。では、どんなところから、結婚に逃げようとしていることがわかるのでしょう?

■過剰なアピール

・「家事もできないのに、家事をできる・料理がうまいなどのアピールが多くなる」(22歳/通信/技術職)
・「子どもがほしい、同居したいという人の意見に、何かとケチをつけて、自分はあこがれていないアピールをされる」(27歳/自動車関連/技術職)

アピールはそれがどんな内容であっても、気にしてほしいという気持ちの表れだと捉えられることが多いようです。むやみに結婚についての話題は出さないほうがいいのかも?

■婚活女子

・「婚活的なことにやたら熱心。『どこかにいい人、いないかな』とよく言う」(35歳/機械・精密機器/営業職)
・「出会いを求める」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

出会いをモノにするというよりは数で勝負というところに、焦りが見えてしまうことも。しかし、「出会いを求める」行動が「結婚に逃げている」ように見えるのは、端的すぎるのでは?

■仕事に消極的

・「もう仕事をしたくないと思ってそうなので」(26歳/農林・水産/技術職)
・「主婦になりたがるやつとか、会社でうまくいってないやつとか、低年収のやつだろ」(33歳/情報・IT/技術職)

仕事で行き詰まったとき、脳裏によぎる結婚という文字……。ですが男性にそれを察知されてはいけません。

■条件で選別

・「相手の年収や家柄などにこだわって、肝心の中身を見ようとしていない」(33歳/機械・精密機器/技術職)
・「もっといい人を探そうとしすぎているから」(32歳/電機/技術職)

内面を知る時間をもったいないと感じると、どうしても条件で相手を選びがちになってしまいます。しかし、お互いの本当の幸せのためには、相手をよく知ることは大切です。

男性は心の底から自分を好きでいてくれる女性を求めている場合もあります。結婚を逃げ道として考えていると、知らず知らずのうちに態度に表れてしまい、男性をウンザリさせることも。日ごろから自分の言動には注意したいものです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数101件(22歳~39歳の社会人男性)。

※この記事は2015年03月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE