お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

女子がホワイトデーに欲しい?! 中野BCがスイーツのような梅酒「FRAISE」を3月から販売

梅酒「FRAISE(フレイズ)」

中野BCは、3月1日から、フランス語でイチゴという意味の梅酒「FRAISE(フレイズ)」を500本限定で販売する。

【日本一の梅酒も!東京駅近くで梅酒飲み比べができる「梅酒BAR2015」開催】

同社では、梅酒約35種類を製造販売。同社マーケティングチームの女性社員4人が、「ホワイトデーに女性がもらってうれしいプレゼント」をテーマに、2007年から商品を企画。毎年春先に本数限定で販売している。

「FRAISE」は、朝摘みしたイチゴを、その日のうちにピューレ状にし、梅酒に加えたスイーツのようなアルコール飲料。

地元・和歌山の高級品種「まりひめ」

同商品で使用しているイチゴは、地元、紀の川市の「berry One 杉本農園」が栽培した、さわやかな甘みと鮮やかな紅色の実が特徴の「まりひめ」。同品種の特徴である上品な甘みと酸味、華やかな香りがよく引き立つ大ぶりのLサイズのみを選別。

同商品一瓶に、イチゴ6~8個分・約90gの果肉が入っている。口に含むと、トロっとする果肉感があり、もぎたてのイチゴの甘酸っぱさが口中に広がる贅沢な味わい。アルコール度数は12度で、500ml入、税込1,543円。同社オンラインショップと、酒蔵内の売店「長久庵」で販売する。

お役立ち情報[PR]