お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

マルハニチロが家の料理をフレンチに変えるソースなど6種類を新発売!

家庭の料理をフレンチに変えるソース

マルハニチロは、「La Cantine(ラ・カンティーヌ)」シリーズから新商品6品を2015年3月1日から限定発売する。

【ウマ辛~!アメリカで大人気の「シラチャーソース」に注目】

同シリーズは、2013年10月に鯖フィレを使った缶詰2品で発売開始した。

今回、シリーズ第2弾では、家庭の料理をフレンチに変えるソース5品と、リエット1品を発売する。

これにより、「La Cantine」シリーズは全8品のラインアップとなる。

Cantine(カンティーヌ)とは、フランス語で「食堂」を意味する。

カジュアルフレンチやパリの昼下がりのような雰囲気のなか、パンとワインでおしゃべりを楽しみながら食事を楽しむ風景をイメージして「La Cantine」とネーミングした。

価格は、「バルサミコソース」が550円(税別)で、そのほかの5商品はすべて500円(税別)。

・バーニャカウダソース
アンチョビフィレを、蒸したニンニクと牛乳で煮込み、パルメザンチーズを加えた。
・バルサミコソース
イタリアモデナ産バルサミコ酢を使用し、フォンドヴォーと干無花果いちじくで仕上げた甘口ソース。
・バジルソース
バジルとオリーブオイルに、パルメザンチーズと松の実を加えた。
・トマトソース
水を一切加えずに作ったトマトソースで、ワインビネガーとレモンで仕上げた。
・マッシュルームソース
ソテーしたマッシュルームを、生クリーム・チキンブイヨン・白ワインでソースにした。
・豚肉のリエット
フランスの代表的な郷土料理で、豚肉・ワイン・野菜・香辛料を煮込んで仕上げた。

(エボル)

お役立ち情報[PR]