お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
未来に備えるマネー術

玉の輿に乗るには!? 「稼ぎがよさそうな男性」の職業

女性なら一度はあこがれる「玉の輿」。子どものころに漠然と「お金持ちと結婚して広い家に住んで犬を飼って……」なんて妄想したこともあるのでは。大人になって現実的に「この職業なら結婚相手の稼ぎがよさそう!」と思ったことはありませんか? 稼ぎがよさそうな職業について、働く女性のみなさんに聞いてみました!

■やっぱり医者

・「医者。これからの超高齢化社会で医師がありあまるということはなさそうだから」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「医者。失業しなさそうだし長く続けられそうだし家にもあまりいなさそうだから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「開業医。なんか玉の輿の代表っぽい!」(26歳/学校・教育関連/技術職)

一番多かったのは「医者」でした。年収が高そうなのはもちろんですが、「失業しなさそう」というのもポイントが高いですよね。「玉の輿の代表」という意見もありました。

■定番の弁護士

・「弁護士。時間も不規則でなさそうだし、稼ぎもよさそうだから」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「弁護士。稼ぎはよさそうだけど、ものすごく忙しそうなイメージもないから」(28歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「弁護士。お金持ちっぽいイメージなので」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

医者と並んで人気が高かったのは「弁護士」でした。もはや玉の輿のツートップと言っても過言ではないかもしれません。専門的な資格を持っている職業が人気のようです。

■安定なら公務員

・「公務員。リストラや倒産の心配がないし、賞与や退職金などもしっかりと体制が整っていそうだから」(28歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「公務員。やっぱり安定が一番だと思う」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「公務員。父が公務員だったが、自己都合の早期退職なのに退職金が1,800万もあった」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

不況の時代にやっぱり強いのは安定した「公務員」。「早期退職で退職金が1,800万もあった」なんていう現実を知ってしまったら、公務員の男性を見る目が変わってしまいそうです。

■派手な暮らしが出来る? 商社マン

・「商社。仕事で年収を知ることがあり、商社の人は全体的に高いと思った」(32歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「商社マン。お給料がよさそうだし、駐在員になれたらお手伝いさんも雇えるから」(27歳/電機/事務系専門職)

・「商社マン。金持ちそうなぼんやりとしたイメージがある」(25歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

普通の会社員の中でも人気があったのは「商社マン」。バブル時代のイメージや「駐在員になれたらお手伝いさんが雇える」などの具体的なイメージを持っている人もいました。

やっぱりというか予想通りというか、昔から女性に人気の職業を挙げる回答が集まりました。ただし年収が高い職業の人と結婚したら、妻としてもそれなりのレベルが求められます。きちんとした金銭感覚とお金の管理能力が必要となりそうです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数265件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]