お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

「大阪新世界元祖串かつだるま」監修! ファミリーマートがパン製品「チキンカツサンド」を2月24日から新発売

「大阪新世界元祖串かつだるま」監修の「チキンカツサンド」

ファミリーマートは、一門会が運営する「大阪新世界元祖串かつだるま」監修で開発したパン製品「チキンカツサンド」を、2月24日から、関西地方・および中国・四国地方の店舗で発売する。

【焼き肉でん、わなか、Butter、だるまの社長が登場!『ウラマヨ!お正月2時間!なにわの美味いもん社長さん】

「大阪新世界元祖串かつだるま」は、昭和4年創業の串かつ店で、新世界総本店をはじめ、関西地方で店舗を展開している人気の店。持ち帰りメニューの「ロースカツサンド」は、手軽に大阪の味が楽しめる手土産として、多くの客に支持されている。

同社では、同店監修のもと、同店の「ロースカツサンド」等に使用している「だるまカツサンドソース」で味付けした「チキンカツサンド」を発売する。

新商品のパッケージでは、同店のロゴや店主をイメージしたイラストをデザインしている。

「チキンカツサンド」

同「チキンカツサンド」は、ソースで味付けしたチキンカツを、味付けキャベツと一緒に食パンでサンド。ソースとの相性を考え、チキンカツや食パンの厚さなどを調整することで、一体感のある美味しさに仕上げた。価格は、158円(税別)。

(エボル)

お役立ち情報[PR]