お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「桃」と「桜」で、春の訪れを感じる新作スイーツは、和と洋の甘いコラボ

桃レアチーズ大福

セブン-イレブン・ジャパンは、2月17日より「桃レアチーズ大福」、2月24日より「桜あんみつぱふぇ」の販売を開始する。両商品は、和と洋の素材を組み合わせた新しい見た目と味わいの、春の新作スイーツで、ひな祭りに向けて開発された。

【おやつがやめられない人に。超簡単なダイエットのコツ「洋菓子より和菓子」「3時のおやつは太りにくい」】

「桃レアチーズ大福」は、柔らかな大福の皮の中に、レアチーズと国産の白桃を使用した白桃ソースが包まれている。クリームチーズ・生クリームを使った専用工場仕立てのレアチーズは、なめらかで口どけが良い。価格は130円(税込)。

「桜あんみつぱふぇ」は、専用工場で毎日作られるプリプリとした食感の寒天の上に、さっぱりとした黒蜜ソースをかけ、コクのある桜ムースとみつ豆、こし餡、白玉、桜味のホイップクリームをトッピングした。「あんみつ」と「パフェ」の組み合わせスイーツで、上品な味わいに仕上がっている。価格は300円(税込)。※エリアにより、一部材料が異なる。

桜あんみつぱふぇ

お役立ち情報[PR]