お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

史上最高傑作ウイスキー、50年貯蔵の長期熟成「グレン グラント 50年」10本限定で新発売

「グレン グラント 50年」

アサヒビールは、3月17日より、スコッチウイスキー「グレン グラント 50年」を百貨店限定で発売する。全世界で150本の限定発売で、日本では10本限定となる。

【『マッサン』で注目!値上げ直前の銘柄も…世界が認める日本のウイスキーたち】

「グレン グラント」は、1840年創業のスコットランド北部ハイランド地方の蒸溜所で、親しみやすさを特長としたシングルモルトウイスキーづくりから、現在シングルモルトウイスキーとしては世界第6位の販売量をもつ。また、竹鶴政孝が、スコットランドに留学した際、視察のために訪問したという。

「グレン グラント 50年」は、マスターデイスティラー(最高蒸溜責任者)のデニス・マルコム氏が1963年10月に自らシェリー樽にモルト原酒を樽詰めし、以降50年に渡り状態を見守り続け、熟成の頂点に達した2013年11月にボトリングしたというシングルカスクウイスキー。シングルカスクウイスキーは1つの樽で熟成され瓶詰めされるので、樽の個性をダイレクトに反映したウイスキーが出来上がる。

同商品は、50年の間シェリー樽でじっくりと熟成されたことで、黄金色で芳醇、熟したフルーツやナッツのような香りとバニラのようなまろやかな味わいを楽しめる。ボトルは蒸溜所のポットスチルをイメージしたデザインのクリスタル製で、50の数字部分は18金を使用。化粧箱もスコットランド産のオーク材に銅を裏打ちしてある。容量は700mlで、オープン価格。参考小売価格は150万円(税別)。

お役立ち情報[PR]