お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

日清食品の「麺ニッポン」シリーズから、滋賀県のソウルフード「近江ちゃんぽん」が登場

「麺ニッポン 近江ちゃんぽん」

日清食品は2月23日、「麺ニッポン 近江ちゃんぽん」を近畿地区限定で発売する。

【岡山のご当地グルメ「ホルモン焼きうどん」を味わえるダイニングレストラン「Russet」】

「麺ニッポン」シリーズは、ご当地の麺で町おこしをするというコンセプトの地域密着型カップ麺。

今回は、滋賀県のソウルフードとして関西圏で親しまれている近江ちゃんぽんを、「近江ちゃんぽん協会」の協力のもと「近江ちゃんぽん」の定義に基づいて仕上げた。近江ちゃんぽんの定義は、「たっぷりの野菜」「味わい深い和風ダシのスープ」「中華麺を使用」で、この3条件を満たすラーメンを「近江ちゃんぽん」としている。

同商品のスープは、カツオと昆布をベースにした和風ダシに、野菜と豚肉のうまみと甘みを加えた。具材には、キャベツ、豚肉、ネギ、ニンジン、キクラゲ、モヤシを使用し、野菜たっぷりで食べ応えのある一品に仕上げている。価格は220円(税別)。

お役立ち情報[PR]