お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 節約・貯金

人には言えない働く女子の借金・ローン事情!○○%の女性が借金・ローンを抱えていた!

ファナティック

人には言えないけれど、実は……な借金やローン抱えたことがありますか? お金の話は生々しすぎて、なかなか人前で口にすることができないもの。そこで働く女子の借金・ローン事情はどうなっているのか、人には言えない懐事情を聞いてみました。

Q.女性に質問です。現在、借金やローンを抱えていますか?

はい……17.8%
いいえ……82.2%

少数ではありますが、やはり借金やローンを抱えている女性はいました、では、どんなものに使ったのでしょうか?

Q.「はい」と答えた方に質問です。その借金・ローンはどんなものに使いましたか?

「奨学金」……58.5%
「住宅ローン」……29.3%
「エステ・美容関係」「車ローン」……4.9%
※その他省略

奨学金と回答した方が半数以上の結果になりました! それぞれ理由と残りの返済年月も教えてもらいました。

■奨学金

・「残り16年ほどです。早く払い終わるためではなく、奨学金を完済しつつ資産を作るために、投資信託の分配金でコツコツ払ってます」(26歳/その他/営業職)
・「就職してから2年くらいは忙しくてお金を使うところがなかったので、半分以上まとめて返した。あとはそれほどないのでゆっくり返す」(25歳/医療・福祉/専門職)
・「3年程度。副業をするなど」(23歳/その他/事務系専門職)

働く女子が抱える借金・ローンの内訳で、もっとも多かったのが奨学金でした。奨学金の金利は通常ローンより低いとはいえ、「借金・ローン」というくくりに入ることを考えれば、早めに返し終えたいものですよね。早めに返済する方法では「繰り上げ返済」を選んでいる人が多いようです。また、中には副業や投資信託の分配金で返済している人もいました。

■住宅ローン

・「10年~15年くらい。ボーナスの月に繰り上げ返済したりしている」(32歳/その他/事務系専門職)
・「60歳までになっているが、予定は40歳までに終わる予定。買い物をするのであれば、ポイントが貯められるか、ネットで購入が安価になるか、などの調査をする。基本的に誰かの不要品はいただく。不要なときは、そこから私が利益を得たりしている」(29歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「25年ローン、夫の給与口座で払っているので、私のお金はできるだけ貯金にまわす」(30歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

奨学金に次いで多かったのが、住宅ローン。これは将来のことを考えれば、避けて通れない借金・ローンです。早めに返済する方法としては「繰り上げ返済」がもっとも多く、日々の節約でお金を作りローンを早めに終わらせたいという人もいました。

■エステ・美容関係、車ローン、その他の借金・ローン

・「車ローン。2年後。今、一生懸命貯金し、今年中には繰り越し返済する予定」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「その他。旦那の。株で返します」(27歳/その他/販売職・サービス系)

意外と少なかったのが、生活や趣味に浪費したための借金やローン。収入は突然ドンッと増えることが少ないもの。負債は作らないのが一番ですね。

人になかなか言えない借金・ローンの話。でも黙っていてもなかなか解決しないもの。もしも、何らかの事情で借金やローンを抱えざるを得なくなったら、信頼できる人に早めの返済方法を相談してみましょう。これからの人生計画とまじめに向かい合う、いいきっかけになるかもしれませんね。とにもかくにも、案ずるよりも産むが易しです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数231件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]