お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム雑学 生活

読モが“バレンタイン必殺テク”を伝授!「照れる感じのしぐさ」「指に絆創膏」…

バレンタインでの告白成功率を高めたいなら、プレゼントを渡すだけじゃなく、相手に自分を印象づけるための作戦を立てることが有効です♪ だけど一体どんな工夫を凝らせば、高い確率で意中の男性の心をとらえることができるのでしょう? 今年のバレンタインは、読モたちの「必殺テク」を参考に、自分なりの作戦を立ててみませんか?

●想いを込めて……!とびきりのチョコレート

 

・「昔の話ですが…チョコペンを使ってクッキーにメッセージを書いて渡しました。内容:『○○くん、これからも大スキ!』」(王若洋さん/28歳/自動車関連)

 

・「ハート型のチョコケーキの上に相手のイニシャルのカタチで粉砂糖をふりかける。開けやすいラッピングにする」(田名網優さん/28歳/警備・メンテナンス)

 

・「愛情をこめてチョコを作る」(しづさん/25歳/情報・IT)

 

受け取った男性は思わず赤面してしまいそうですが、好きな人に面と向かって想いを伝えられないというシャイな女性はぜひ試したいアイディアですね。

 

●チョコだけじゃもの足りない!? +1のプレゼント!

・「チョコレートプラス癒しグッズ。仕事が忙しい彼だったのでアロマディフューザーのセットをあげたら喜ばれました」(渡邉小百合さん/27歳/自営業・フリーランス)

 

・「普段なかなか素直に気持ちを伝えることができないので手書きのレターをそえて日頃の感謝の気持ちと一緒にお渡しします」(yuuさん/30歳/その他)

 

シンプルにチョコレートだけで勝負するのもいいですが、後々まで使ってもらえるグッズや、何度も読み返してもらえる手紙を添えるのもまた一興。意中の男性のタイプによって、勝負の出方を決定するのもいいかもしれませんね。

 

●中身よりも渡し方が大事!?

・「定番と彼の好きなお菓子を2種類作り、仕事後など甘いものが欲しくなる時間に渡す」(りなさん/22歳/学生)

 

・「(渡すときは)もちろん上目遣いで。笑」(稲垣千恵さん/29歳/医療・福祉)

 

 

・「シンプルですが、両手でお菓子を持って、相手を見つめて、好きですと言う! これが一番!!」(しいさん/25歳/生保・損保 事務系専門職)

・「こっそりかばんに入れる」(さきさん/32歳/情報・IT 技術職)

・「気持ち悪くない程度の手作り感。しぐさは少し照れる感じで。ちょっとだけぶっきらぼうに」(ももさん/32歳/建築・土木 技術職)

・「手作りではないけれど、あーんをしてあげます!」(marykさん/27歳/情報・IT)

渡すタイミングから渡すときの表情まで計算済みだと、当日までに緊張が高まりそうですが、繰り返しイメージトレーニングすることで、うまくいく確率がUPするというメリットもありますね!

 

●サプライズ演出で驚かせたい!

・「チョコは購入したものと手作りしたものと2種類用意する! 最初は買ったものを渡し、後から手作りのを渡すとサプライズに♪ 彼の好みがわからない場合や作ったチョコレートに自信がないときにオススメです」(陽♀さん/29歳/建築・土木 技術職)

・「あげない素振りを見せておきながら、手づくりサプライズ!」(いろどりさん/27歳/学校・教育関連)

 

相手の驚く顔を見ることができたら、それだけでも幸せ気分を味わえちゃいますね。

 

●「重たい女」にはなりたくないの!

・「まずは、バレンタインにチョコとかもらったら嬉しい? と世間話。うれしーよー! との反応なら、実は用意してるんだなーとあかるく渡す。重くならないように。そしてあえて本命とか告白とかはしない」(あゆみんさん/27歳/機械・精密機器)

 

・「社会人の今は、バレンタインは本気告白をするというよりも、相手に意識してもらうキッカケ作りと捉えてます。学生の頃は本気告白したことありますが。笑 なので、チョコにプラスして次会うことに繋げられるような物の貸し借りとかおススメです♪」(馬場綾子さん/28歳/人材派遣・人材紹介)

 

大人の女性なら、相手を気遣う「余裕」もみせたいものです!

 

●チョコ嫌いの彼にはコレ!

・「甘いものが好きじゃない彼だったので、代わりにカレーを作りました!」(aminaさん/31歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

 

「大好きなものを食べて幸せな気持ちになってほしい」と思う心が一番大切! 思いやりの心は、料理にもしっかりと溶け込むはずです。

 

★番外編★ バレンタイン当日に真似するならこの技!?

・「ルクエで簡単にチョコ蒸しケーキが作れます! 1.チョコレートとクリームチーズを溶かしてパンケーキの粉とまぜます。2.ルクエで4分チンして蒸らせば完成! 本当に簡単ですよ!!」(まなみさん/28歳/情報・IT 事務系専門職)

・「絆創膏を指に巻いてさりげなく頑張ったアピール!」(岡本美鈴さん/25歳/マスコミ・広告)

 

当日にささっと作れるおいしいレシピや、受取手の心をくすぐる小技を身につけておけば、ほんの少しの努力で好感度をぐっとアップさせることができそうです! バレンタインの準備がまだだという人も、これならすぐに真似できるので、ぜひトライしてみてください♪

 

バレンタインまでラストスパート!

みなさんの戦略が、どうか成功しますように……!

 

(観月陸)

お役立ち情報[PR]