お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

ヤバッ!おいしそう! 働く女性の裏技リメイク料理5選「ポテサラ→ポテグラ」「カボチャの煮物→サラダ」

ファナティック

ひとり暮らしだと料理が余る! 料理を作ったけれど、思ったよりも食べられない! そんなときは余った料理をちがう料理に、賢くリメイクしてみませんか? 働く女子がオススメするリメイク料理5つをご紹介いたします。

■カレーリメイク、その1「カレーつけうどん」

・「カレーをつけうどんにする。カレーの入った鍋に牛乳と麺つゆを入れて温め、うどんのつけ汁に」(31歳/食品・飲料/技術職)

おいしそうだったのが、余ったカレーをカレーつけうどんのつけ汁にしてしまう、こちらのリメイク技。カレーに牛乳のコクとマイルドさが加わって、クリーミーなつけ汁になりそうです。生クリームがあれば、さらに贅沢になりそう!

■カレーリメイク、その2「カレードリア」

・「前日のカレーにご飯を混ぜ、耐熱皿に広げる。真ん中に生卵を落とし、マヨネーズを上にかけ、さらにパン粉をまぶす。これをトースターで焼くと簡単なカレードリアになります」(25歳/食品・飲料/技術職)

卵とマヨネーズとカレーの相性は抜群! またパン粉をふりかけてトースターで焼けば、表面カリカリで香ばしいカレードリアの完成。ゆでたほうれん草やブロッコリー、ウインナーをトッピングに加えればお店並みの豪華さに。

■シチューは「パングラタン」に

・「シチューに一口大に切ったパンを入れて、チーズを乗せてオーブントースターで焼く。パングラタンが簡単にできる」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

シチューもカレーと同様、余りやすい料理のひとつ。もしシチューが余ったら冷凍しておけば、パンが余って困ったときにも助かりそうです。一皿で料理が終わるのも、洗いものが少なくて便利ですよね。

■ポテトサラダは「ポテトグラタン」にリメイク

・「ポテトサラダを翌日チーズを乗せてオーブンで焼いてポテトグラタン風にする」(32歳/医療・福祉/専門職)

ポテトサラダもついつい作りすぎてしまう料理のひとつですよね。オーブンで焼いてポテトグラタンにリメイクする技は、「なるほど納得!」な一品です。牛乳があれば、ポテトサラダを少し伸ばしてとろみをつけてもおいしそう。

■和風料理を「洋風」にリメイク

・「肉じゃがにチーズを乗せてトースターで焼く、カボチャの煮物に輪切りのキュウリを入れてマヨネーズであえてサラダにする」(30歳/通信/クリエイティブ職)

リメイクがむずかしい和風料理も、チーズとマヨネーズがあれば簡単に洋風リメイクが可能なんだそう。また、和風料理はホワイトソースとの相性もぴったり。チーズとマヨネーズは、ひとり暮らしなら常備しておきたい便利な食材です。

余りものの料理で一品作ることは、そんなに簡単にできることではありませんが、こんなリメイク料理のレパートリーがあれば、思わず男性も「おっ!」っと思っちゃうかも!? 「こんなのしかできないけど~」とか言いながら、気になる彼にリメイク料理を振舞ってみたいですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数231件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]