お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

【イラストコラム】あちゃー……働く女性がやらかした酒の席での大失態

MARI MARI MARCH/OFFICE-SANGA

2015年も明けてひと月ほど経ちましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

日本人といえば(外国人も?)なにかと理由をつけては飲みたがるもの。その最たるものが忘年会や新年会ですよね。年末年始の飲み会ラッシュで、またひとつ武勇伝を築いてしまった人もいるのではないでしょうか。

働く女性がやらかした! 酒の席での大失態

働く女性がやらかした! 酒の席での大失態

気づいたら「ここはどこ!?」なんてことは、わりとざらにありますよね。終点までいっちゃう、もしくは終点までいっちゃった上に折り返して反対の終点までいっちゃう……。永遠に最寄り駅で降りられない苦行。そして勢いづいて乗ってしまったタクシーの高額請求に泣きながら人は学習するのです。

泥酔するとなぜか脱いだり出したりする傾向にある人も。男性なら笑い話だけど、女性はちょっと笑えないかも。お嫁にいけなくなっちゃう!

自分が痛い目をみるだけならまだいいけれど、まわりに迷惑をかけてしまうのはもっと最悪。翌日からどうやって周囲と接していったらいいのやら。

「キス魔」もよくいますが、かわいい子だと男の子はうれしそうなので、その場合に限り利害が一致している気はします。

そのほか、「血だらけ」「寝ゲロ」「勢いでホテル」といったフィジカル・メンタルともにダメージを受けそうなエピソードもよく聞く話。若かりしころの失態経験としては百歩譲ってありだと思うけど、いつまでもやらかしているわけにもいかないですよね。

わたしも学生時代はたくさん飲んだし、いろいろやらかしました。人の顔に落書きしたり、自動ドアに突進したり……。でも、今はもうそんなことしませんし、そんなことがなかったかのようにしれっと生きてます。みんなもそうでしょ?

自分のリミットを知っておくのはわるいことではないと思います。できればやらかすことなく一生を終えたほうが断然いいとは思いますが。ただ、わたしの超個人的な見解だと、やらかしちゃうくらいの人のほうが人間味があって好きです。毎度毎度は困りますけどね。

文・イラスト MARI MARI MARCH(マリマリマーチ)/OFFICE-SANGA

※この記事は『働く女性がやらかした! 酒の席での大失態「外で上半身全裸」「起きたら知らない場所にいた」』を再構成しています。

お役立ち情報[PR]