お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

やってしまった……。つい女友だちを怒らせてしまったデリカシーのない一言3選

蒼井ニイナ

悪気なく口にした一言で、女友だちを怒らせてしまった経験はありませんか? 悪気があって言ったわけではないものの、よくよく考えてみたら気遣いが足りなかったなぁと、あとになって反省することも……。今回は、働く女子に女友だちを怒らせてしまったデリカシーのない一言を聞いてみました。

■彼氏がいない人の前で余計な一言

・「彼のいない友だちの前で、彼との旅行計画を延々と話して怒られたことがある」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「既婚の友だちは、未婚の子に『早く彼氏を作らないと』と言って、怒らせてしまいました」(30歳/その他)

もっとも多かったが、恋愛・結婚に関する余計な一言でした。聞きたくもないノロケ話を延々と聞かされるほうは、精神修行を行っているも同然。恋愛トークは彼氏がいる友人同士でやりましょう。また、既婚者から恋愛や結婚に関する話をはじめると、「上から目線でアドバイスですか!?」と反感を買う恐れがあるので、自分から話すのは避けたほうが無難です。

■つい口がすべって他人に……

・「体についてのコンプレックスを明かされて、それを別の友だちに話してしまった」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「友だちから彼氏ができたと言われ、別の友だちに何気なくその話をしたら、隠しておいてほしかったらしく、言わないでほしかったと言われた」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

相手を信頼してプライベートな話をしたのに、軽々しく別の人にしゃべっていたと知ったら、二度とあなたのことを信頼してくれなくなってしまいます。友だちをなくさないためにも、うわさ話はほどほどに……。

■こっそり伝えてあげるんだった……

・「ほかの人がいる前で、ストッキングに穴があいていることを指摘したこと」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

「もしかしてわざとやってるの!?」と思われかねない失言ですね。相手が恥ずかしいと思うことは、ほかの人がいないところで、さりげなくこっそり教えてあげるのが大人のマナーです。

思ったことをすぐ口にするのではなく、相手の状況などを見て、ひと呼吸置いてから話すようにしましょうね。いつも冷静に状況を見て考え、相手の立場に立って行動できる気配り上手の女性は、同性ばかりでなく異性からも好かれるので、仕事もプライベートもうまく回るようになるはずです。

(蒼井ニイナ)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数246件(22歳~34歳の女性)。

お役立ち情報[PR]