お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 (PR)マンガ女子部

娯楽の定番! 「マンガ」or「小説」、あなたはどっち派?

日常のふとしたことや、普段はなかなか聞けないちょっとディープな恋愛観など、イマドキ女子の「みんなはどうなの?」という疑問を2択アンケートで調査しちゃいます!

移動中や、ちょっとひと息つきたいとき、マンガや小説を読んで過ごす、という人は多いのでは? 物語に共感したり、新しい発見があったり……どちらも有意義な時間が過ごせますよね。では、「マンガ」と「小説」、女性に人気なのはどちらなのでしょうか? 働く女性に聞いてみました。

Q.あなたは、「マンガ」派ですか? それとも「小説」派ですか?
マンガ派……58.9%
小説派……41.1%

マンガを選ぶ人のほうが多い結果となりました! くわしい意見を見てみましょう。

<「マンガ」派の意見>

■サクサク読める
・「絵を見て簡単に読めるので」(26歳/金融・証券/営業職)
・「マンガのほうが楽に読めるから。小説は読んでいてしんどくなることもあるから」(26歳/金融・証券/専門職)

気軽に読めるのがマンガのいいところですよね。文字を必死に追わなくても、イラストを見れば、話の流れがわかるので、ちょっとした息抜きに読むのにもピッタリ。

■活字が苦手
・「小説は目が疲れる」(23歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)
・「活字は苦手」(29歳/自動車関連/技術職)

ずらっと並んだ活字に拒絶反応を示す人も少なくないようです。小説をじっと読んでいると、目が疲れてしまうこともあるので、逆にのんびりできないこともあるようです。

<「小説」派の意見>

■知識を深めることができる
・「初見の言葉に出会うのが楽しい」(26歳/建設・土木/事務系専門職)
・「小説のほうが、いろんな知識を得られる」(25歳/医療・福祉/専門職)

小説には、知らない言葉や漢字も多く出てくるので、読み進めるうちに、自然と知識を深めることができるのがうれしいところ。

■想像するのが楽しい
・「自分で登場人物の顔など想像したりするのが楽しい」(22歳/情報・IT/技術職)
・「絵よりも文字を追うのが好きだし、自分の中で絵を想像して、よりリアルにストーリーを自分の中に描けるから」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「マンガはなかなか自分の想像力が働かない。小説のほうがいろいろとイメージが膨らんでおもしろい」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

イラストがないからこそ、想像が広がる小説の世界。自分なりにイメージを膨らませて読めるのが、小説の醍醐味です。

■小説は大人向き?
・「マンガは子ども向けと感じてしまう。大人が読むと何だか恥ずかしい気がする」(25歳/運輸・倉庫/その他)

小説派の中には、マンガを読むことに対して「子どもっぽい」と思う人も。ただ、子ども向けのマンガだけでなく、大人向けのマンガや、読み応えのある作品も多く出ているので、毛嫌いせず一度読んでみてもいいかも。

マンガも小説も、それぞれ魅力的なポイントが多くあるようですね。あなたは、「マンガ」派ですか? それとも「小説」派ですか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数260件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]