お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

土日はなんと食べ放題!戸田市「新・函館市場」はトコトンまぐろを楽しめる天国だった

噂の新・函館市場に到着

埼玉県戸田市といえば東京のすぐお隣。閑静な住宅地が広がる一方で、大きな幹線道路が走り、工場もたくさんある。そんな工場地帯や住宅地を抜けつつ今回目指したのは、地元で大評判の「新・函館市場」。ここに、誰もが大満足で笑顔になるというデカ盛りがあると聞き、訪れたのだ。

【チョモランマ級のかき揚げ丼は42枚も!東京国立「深川つり舟」の丼は規格外!穴子丼もはみ出るだけはみ出て1,200円!】

木で作られた扉を開け、工場の倉庫のような建物の中に入ってみれば、水槽には魚が泳ぎ、生きたままの貝やウニ、ホヤなどがずらり。でっかい大漁旗も見える。

新鮮な魚貝がいっぱい

そしてその奥のほうに客席が見え、どうも個室もあるようだ。カウンターからは魚を焼いているのか、とてもいい香りが漂ってくる。まるで一年中、海の家に来ているような気分がしてくる。

■土日のまぐろ食べ放題が噂のデカ盛りの正体

まるで市場みたいな雰囲気

代表取締役の菊地庸介さんによると、「函館出身なんで、ここに来て函館について興味を持ってもらえたらいいなと始めたんです」とのこと。海のない埼玉県にあって、磯の香りをたっぷりと感じさせてくれるとはなんともうれしい。

手頃な値段で丼ものや刺身、磯焼きなど、新鮮な磯料理の数々が食べられるとあって、地元客はもちろんのこと遠方からもお客さんがやってきているという。

ここの名物は土日のランチ限定のまぐろ食べ放題(1,080円)。この食べ放題にはいくつかルールがあって、最初の注文はマグロ丼かマグロカツカレー、サンライズカレー(マグロのメンチ乗せカレー)から好きな物をチョイスする。

以降、好きなものをおかわりしていくスタイルだ。具のみのおかわりもOK。取り分けや、残すことは禁止なので、ちゃんと自分のお腹と相談してオーダーすることが肝心だ。

まずはマグロ丼。ネギトロもたっぷりと

その中でも「デカ盛りサイズ」と評判を呼んでいるのがマグロ丼。赤身の刺身約20枚が、花弁のように並べられ、その真ん中にネギトロがどん! 高さは15cm超え。こんなに心ゆくまでまぐろを食べられることなどめったにない。

上から見ると花が咲いたかのよう

■地域に還元したいと始めたメニューだった

これだけでもすっかりお腹いっぱいでおかわりなんてする人はいないかと思いきや、「みなさんかなり食べますよ」とスタッフ。いやはや世の中、強者揃い。

「実はデカ盛りはうちのウリじゃないし、話題を呼ぶつもりもなかったんですよ。ただ、このあたりは工場で働く人も多くて、そんな地元に何か還元したいなと始めたサービスメニューなんです」と菊地さん。

旨い魚をたっぷりと食べたい人はぜひ!

《新・函館市場》
埼玉県戸田市美女木4-9-8
11:30~14:00、17:00~23:00
※第1、第3火曜日はランチ休
(土・日・祝)11:00~23:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
JR戸田駅から徒歩20分
http://hokkaido-hakodate-kaisen.com/hakoichi/

(OFFICE-SANGA 平野凛)

お役立ち情報[PR]