お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

そんなささいなきっかけで炎上! 女性が許せない「彼とのケンカの理由」4選

ケンカいくら大好きな彼でも、ほんのささいなことでケンカすることってありますよね。そのきっかけも様々ですが、今回は働く女性に「彼とのケンカの理由」を教えてもらいました。
■食の好み

・「ご飯の味付けです。固さとかそういうのですね」(27歳/運輸・倉庫/技術職)
・「手料理の味」(30歳/商社・卸/事務系専門職)
・「食べたいもの」(31歳/学校・教育関連/専門職)

食べ物の好みが合わないと、ケンカの原因になりがちですよね。でもせっかく作った手料理に文句をつけられるのは納得がいきません。「ありがとう」という一言がまず欲しいところです。

■趣味

・「趣味の駄目出しで」(26歳/学校・教育関連/専門職)
・「私がデートよりも趣味のライブを優先してしまうから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

最初から趣味が合うカップルなんてあまりいないもの。お互いの趣味を悪く言うのは良くないですね。「受け入れろ」とまでは言いませんが、お互いに理解が必要かもしれません。

■優柔不断のくせに文句を言う

・「彼が優柔不断なのに、私の提案にもいい顔をしない」(28歳/小売店/事務系専門職)
・「食べたいものが決められない彼が、私に決めていいと言うのに、私の意見を言うと、それはやだとか言う。じゃあ、最初から食べたいものを言ってくれ!」(34歳/不動産/営業職)

よくわかります! その気持ち! 彼が決められないから提案したのにダメ出しって、あんまりです。「最初から言ってくれ!」という言葉が、心の叫びに聞こえます……。

■将来のことを考えると不安

・「セックスレス」(30歳/学校・教育関連/技術職)
・「価値観の違い」(22歳/その他/その他)
・「お金に関するケンカが多い」(29歳/商社・卸/営業職)

まるで離婚理由みたいな意見がチラホラありました。でもどれもカップルには大事なこと。きちんと話し合えずにケンカになってしまうなら、今後のことを考えた方がいいかも?

いかがでしたか? ケンカの理由はカップルの数だけあります。毎回同じケンカを繰り返すよりも、その度に話し合ってお互いに歩み寄り「ごめんね」を言いあえるようになれれば、ケンカの数も減って彼との距離も縮まるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]