お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

2014年の子どもへのクリスマスプレゼント平均予算は6,905円、消費増税で平均金額もアップ!?

バンダイは、0~12歳の子どもを持つ親(子どもと一緒に回答できる)800人を対象に、「2014年のクリスマスに関する意識調査」を実施した。実査期間は2014年10月31日~11月4日。

■親から子へのクリスマスプレゼントの予算

親から子へのクリスマスプレゼントの予算を尋ねたところ、最も多い価格帯は5,000円以上6,000円未満で、約半数(47.3%)を占めた。平均予算は2013年より652円増加の6,905円となっている。高価格帯プレゼントを贈る親の増加や、消費増税による価格上昇により、平均金額が増加したようだ。

■クリスマスプレゼントの内容

親から子へ贈るクリスマスプレゼントの内容を尋ねたところ、1位は、13年連続 で「ゲームソフト」(20.5%)となった。特に、小学生の子どもからの人気が高い。2位は、2012年、2013年に続き「知育玩具」(13.1%)、3位は「ぬいぐるみ・人形・フィギュア・ロボット」(8.9%)だった。キャラクター人気の高まりを受けて「キャラクターのなりきり・変身玩具」も5位にランクインしている。

子どもにプレゼントをどのように贈るか聞くと、「(プレゼントを)枕元に置いてある」という回答が過半数(54.6%)だった。プレゼントを贈る日は12月25日(46.9%)、12月24日(38.8%)が多く、両日で約9割を占めている。

(エボル)

お役立ち情報[PR]