お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

「年齢」「家事好き」「子ども好き」…… 気を引くために吐いた嘘が首を絞める

羽林由鶴

料理をする女性と子ども本当の私のことを知られたらきっと選んでもらえない……大好きな人にだから嘘をついても選ばれたくなっちゃう乙女心はかわいいです。でもその嘘が、のちのち自分の首を絞めることになるかもしれないってことも忘れずに。

■年齢詐称

でも嘘の年齢を信じて仲よくなっているとしたら、本当の年齢を知ったときには衝撃をうけるでしょう。「裏切り」と言われても仕方がありません。嘘の内容より重大なのは、嘘をついてかかわっていたという行動です。残念ながら信頼はなくなってしまいます。だからといって、聞かれてもいないのに、自分から年齢をいう必要なんてありませんよ。また、出会い目的の場でもなければ、いきなり年齢を聞くシチュエーションはありませんし、ソレをすればむしろマナー違反の失礼な人ということになります。「男性は若い女性が好き」という思い込みから、自分の年齢を偽って墓穴を掘らないようにしてくださいね。

■家事が好き

「胃袋をつかむ」ことが結婚には大事なんて話はしばしば聞きますよね。料理を筆頭に洗濯、掃除、片付け……などなど、「家事が好き」アピールは、結婚を狙う女性がつい言ってしまう嘘。本当に好きならばもちろん何も問題はありません。でも男ウケを意識して、仕方なくやっている場合や、実際は実家暮らしの母親任せで何もやっていない場合も「家事好き」や「家事得意」なんてつい言ってしまうのです。お互いに実家暮らしだと披露する機会がないのでバレにくいです。

でも、もちろん結婚した暁には「うそつき」という称号をいただくことは確定です。ひとり暮らしの彼の場合は、早々に家事をする機会が訪れる可能性大。最初の一回は楽しくできるかもしれないけれど、ここでがんばってしまうと後が大変。なにしろそれが彼にとっては基準になりますからね。ずっとがんばる毎日をはじめなくてはいけないことになるかもしれないということです。

■子ども好き

抱っこされている赤ちゃんに手をふったりニコニコしたり、「私子ども好きなの」というだけでなんだか優しげな女性に見えますよね。結婚して子どもができたときの様子が垣間見られるようで、結婚相手としてのポイントは高くなりそうですよね。でも子どもはいつもおとなしいわけではないし、ある程度の年齢になればわがままも言い生意気になる……実は子どもが苦手という女性はたくさんいます。

でもソレを言ったら人として問題があるように思われるんじゃないか?少なくとも結婚対象から除外されるんじゃないかという不安から、子ども好きを演じてしまうわけです。すぐにはバレないだろうと思いきや、子どもを見るときの目や、ちょっとした態度からボロが出てしまうこともありますよ。

■過去の恋愛歴

過去の恋愛歴を事細かに話す必要なんてありません。本来なら適当に話をそらしても問題はありません。でも自分が自分の恋愛歴に何らかのコンプレックスを持っていると、必要のない嘘をわざわざ話してしまいます。恋愛経験がまったくない、恋愛経験(特に肉体関係)が過剰に豊富、不倫などの一般的には公にしにくい恋愛などはコンプレックスになりがちです。その結果、それを隠そうとして、むしろ不自然な話を作ったり、聞かれてもいない話の説明をしてしまいます。

恋愛中に「過去にどんな恋愛をしてきたの?」なんて聞かれることは珍しいことではありません。でもその言葉に答えなくてはいけないと思い込まないでくださいね。「過去の恋愛を気にしてくれるってことは、今の私をすごく好きでいてくれるってことだよね、うれし(^^)」こんなふうに話をすり替えてもいいんですよ。「あなたが一番すてきだってことだけは言える」そんな答え方もしゃれていますよ。

■羽林由鶴からのメッセージ

口からでまかせで仲よくなっても、化けの皮が剥がれたら一巻の終わり。本当の自分を知られないようにしながら生きるのって大変だよね。長く続く関係、ともに生きる関係を目指すなら、最初から等身大の自分を公開する勇気が必要。もちろん少しずつ披露していってね。嘘さえつかなければ問題なし!

(羽林由鶴)

お役立ち情報[PR]