お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

伊勢うどんに松阪牛パスタも!日本橋「三重テラス」で、三重のとれたて旬食材を使った本格イタリアンに舌鼓

松阪スパゲッティ 世界の松阪牛 極上ミートソース

紀伊半島の東側、近畿と東海の狭間に位置する三重県。今ひとつイメージがわかない人も、松阪牛や伊勢エビの産地と言えば「なるほど」と思い至るはず。そう、実は三重は、特産品や名物がいっぱいの美味しい県なのだ。そんな三重の魅力を満喫できるアンテナショップが、2013年、東京・日本橋にオープン。

【前沢牛の焼肉に盛りだくさんのサラダバーも付いて、この値段!コリアンダイニング「草の家 赤坂店」】

1Fのレストラン&カフェでは、三重の食材を活かした本格的でオリジナリティー溢れるイタリアンを提供し、口コミで好評を博している。

●三重の海や山の幸がいっぱい!
料理には、三重全域の「採れたて」かつ「旬」の食材を使用。歴史ある風土の魅力が伝わるメニュー構成で、三重を旅しているような楽しさを味わえるのが大きな魅力だ。
メニュー監修は、南青山のイタリアン「イル デジデリオ」シェフが担当。中でも特に人気なのが「松阪スパゲッティ 世界の松阪牛 極上ミートソース」1,800円。ソースは、三重県が誇るブランド牛「松阪牛」とたっぷりの香味野菜を、オリジナルの配合で時間をかけて煮込んだもの。

松阪牛特有の香り高さと濃厚な甘みが味わえる、一味違うミートソースだ。ほかに、甘さ控えめな大人味のデザート、「ほろ苦い伊勢茶と山村牛乳のふんわりティラミス」650円も女性中心に大人気。
また14時半~17時のカフェタイムには、「伊勢うどん」500円も提供。極太のうどんに、濃い醤油味のタレと薬味を絡めて食べる伊勢うどんは、伊勢市を中心に食べられていた郷土料理だが、独特の美味しさから全国的にファンが増えつつある。

三重テラスでは「みなみ製麺」ほか3社の麺から選択可能。「どれも地元で愛されている製麺会社です。それぞれに味の個性があり、食べ比べも楽しめますよ」(運営会社広報・山口さん)。
食事時は、特に週末にかけて混雑しやすいため、予約した上での来店がおすすめ。一方カフェタイムは、どの曜日も比較的スムーズに入店できるそう。ひのきをメインに伝統工芸品をアクセントに使ったインテリアも見ものなので、まずはのんびりお茶がてら、三重を身近に感じてみては?

【店舗データ】
店名:三重テラス
所在地:東京都中央区日本橋室町2-4-1 浮世小路千疋屋ビル「YUITO ANNEX」1F
営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー食事22:00、ドリンク22:30)
定休日:不定休(施設に準ずる)
HP:http://www.mieterrace.jp/
メニューはすべて税込価格

【その他メニュー】
・ランチセット1,800円~

お役立ち情報[PR]