お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

【ご当地グルメ】兵庫のソウルフード! 3位「そばめし」、2位「神戸ワイン」、1位は?

但馬、播磨、丹波、阪神、神戸、淡路とそれぞれ地域ごとに名産品や特産品がある兵庫県。おいしいものは数あれど、あえて選ぶとしたらどれをソウルフードに選ぶ? みんなに愛される兵庫のソウルフードを、働く女性に選んでもらいました。

Q.「コレを食べたら兵庫県民!」と思う兵庫のソウルフードといえば何ですか?

1位「明石焼き」64.8%
2位「神戸ワイン」18.8%
3位「そばめし」18.3%
4位「イカナゴの釘煮」16.3%
5位「姫路おでん」15.8%
6位「ぼっかけ」8.9%
7位「にくてん」5.9%
8位「かつめし」4.5%
8位「丹波のぼたん鍋」4.5%
8位「塩味饅頭」4.5%
※11位以下省略。複数回答式

■だしで食べる上品な味わい「明石焼き」

・「明石焼き。なんで屋台にないんだろ……大好き」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「明石焼き。たこ焼きをだし汁につけるという上品なところが兵庫県らしいので」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「子供のころによく連れて行ってもらったお店で、明石焼きをよく食べてたな~懐かしい」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

全国的に名が知られる兵庫のソウルフード、「明石焼き」。地元では「玉子焼き」と呼ばれているそうです。確かにたこ焼きなのに、大阪のものとは感じがちがいますよね。

■神戸の自然が育む国産ワイン「神戸ワイン」

・「神戸ワイン。ワイナリーは日本に数カ所しかないから」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「ワイン。兵庫のおしゃれな感じに合っているから」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「神戸ワイン。神戸の上品さが伝わる」(25歳/通信/クリエイティブ職)

やさしく上品な味わいで、料理との相性がいい神戸ワイン。自然豊かな小高い丘で作られるこだわりのワインです。

■焼きそばとご飯を炒める「そばめし」

・「初めてそばめしを食べたときの衝撃は大きかった!」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「そばめし発祥の店がすごく多いと思った。どこが本当の元祖なのかと思った」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「そばめし。ご飯と焼きそばの合体版。知らない人は抵抗があるかもしれないけど、食べてみるとおいしい」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

焼きそばとご飯を一緒に炒める、衝撃的な逸品。はじめて食べる人は確かに抵抗がありそうです。しかし食べると下町の温かみが感じられ、ほっとしそうなソウルフードです。

■神戸の春の風物詩「イカナゴの釘煮」

・「イカナゴ。もはや、兵庫の家庭料理です」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

・「イカナゴ。春の定番料理! 食べなきゃ落ち着かない」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「イカナゴの釘煮。春先には阪神間のあちこちから釘煮を作るにおいがするので」(30歳/医療・福祉/専門職)

兵庫の春が感じられるグルメといえば、「イカナゴの釘煮」。イカナゴがスーパーの魚売り場に並び出すのを見たり、各家庭で作られる釘煮のいいにおいをかいだりして「春」を感じることができたら、立派な兵庫県民です。

■生姜醤油で食べる「姫路おでん」

・「姫路おでん。姫路出身の友人から、おでんは生姜醤油で食べると教えてもらってとてもおいしかった。今でも真似して食べている」(24歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「生姜醤油が合うことに気づいたら県民だと思う」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

姫路を中心にごく限られた地域で食べられていた、生姜醤油で食べる「姫路おでん」。町興しでPRしはじめたのをきっかけに、全国的に有名になったそうです。

兵庫県には特産品や名産品が多く、なかなか絞り切れなかった人も多いと思いますが、あえて選んでもらったところ、このようなランキングに。あなたのお気に入りは何位にランクインされていたでしょうか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年5~6月にWebアンケート。有効回答数202件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]