お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

男女ともに「思い出ソング」はミスチルだけど、 男女間のギャップも判明!

USENは、「思い出の音楽に関する意識調査」を全国の15歳?~39歳の男女に実施した。

●「思い出の音楽」女性はたくさんの思い出曲、男性は思い入れが強い1曲
思い出の曲がある男女500名(男性:250名、女性:250名)に、「思い出に残っている曲の数」について質問したところ、全体では「1曲」が36.3%と最も多く、次に「5曲以上」が35.0%、「2曲」が17.2%という結果だった。

男女で比較すると、男性全体の1位は「1曲」で41.2%、「5曲以上」が32.0%だが、女性全体では「5曲以上」が38.0%と、「1曲」の31.2%を6.8%も上回る。違いが顕著に現れたのは20代で、20代男性は「1曲」が46.0%、「5曲以上」が23.0%と、23%の差があるのに対して、20代女性は「1曲」34.0%、「5曲以上」43.0%という正反対の結果になった。

●「思い出ソング」は聴く?歌う?
現在の「思い出の音楽」との接点について質問したところ、全体では、51.2%が「今でもよく聞く」と回答。次に「接点はない(もう聴いたり歌ったりしていない)」が26.4%、「カラオケで歌う」の回答は全体の25.4%で3位だった。

年代別では、「今でもよく聞く」のは、男性では、10代:68.0%、20代:59.0%、30代:44.0%。女性は、10代:58.0%、20代:53.0%、30代:37.0%という結果で、年代が高くなるにつれて減少傾向にあるようだ。「カラオケで歌う」のは、男性では、10代:34.0%、20代:29.0%、30代:18.0%と、年代が高くなるにつれて減少傾向になり、女性では、10代:28.0%、20代:24.0%、30代:25.0%と年代での格差はない結果になった。

「接点はない(もう聴いたり歌ったりしていない)」という回答について、30代女性だけが「接点はない」という回答が40.0%と、「今でもよく聞く」(37.0%)を上回り、30代男性においては、「今でもよく聞く」が「接点はない」を上回ることはなかったものの(それぞれ、44.0%:33.0%)、他世代と比べてその差は縮まっているという結果だった。

●思い出ソングのアーティストは
「思い出ソング」のアーティストを自由回答で答えてもらった結果、最も多かったのは「Mr.Children」だった。その他、男性は「サザンオールスターズ」「スピッツ」、女性ならば「DREAMS COME TRUE」「BUMP OF CHICKEN」が多かった。

お役立ち情報[PR]