お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 しあわせ婚準備

「結婚したいなら直したほうがいい!」と男性が嫌がる女性のクセ「ネガティブ発言」「すぐに甘える」

しかめっ面をする男性結婚を考えている彼氏に、もしも許せない癖や言動があったら……。たかが癖や言動とはいえ正直、結婚を考えてしまうもの。男性も同じように、彼女の癖や言動が結婚の障害になることってあるの? 社会人男性に「結婚するなら直してほしい、女性の癖や言動」を聞いてみました。

■女性の幼稚な言動は、結婚の障害に

・「ギャルっぽい頭の悪そうな言動は主婦として恥ずかしいので直すべき」(32歳/機械・精密機器/技術職)
・「タメ口」(28歳/情報・IT/技術職)
・「子どもっぽい言葉遣い」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

ギャル語やタメ口、子どもっぽい言葉遣いは結婚するなら直したほうがいいと思う女性の癖なのだとか。恋人同士なら何の問題もないのですが、夫婦となると夫婦セットで周囲から見られてしまうことも増えます。そのため社会的ポジションに敏感な男性ほど、受け入れにくい言動のようです。

■ネガティブ発言は直してほしい

・「すぐにグチを口にする性格」(26歳/建設・土木/技術職)
・「すぐ他人と比較する」(30歳/電機/技術職)
・「ネガティブ発言を少なくする」(29歳/その他/事務系専門職)

ネガティブ発言は言っている本人も聞いている方も、あまり気持ちがいいものではありませんよね。ネガティブ発言には、周囲を巻き込んでしまう悪い一面があります。愛する夫を巻き込まないよう、ネガティブ発言が癖になっているなら今一度見直してみた方がいいかもしれません。

■上から目線で人をけなす言動

・「自分はいい女だと勘違いしていること」(35歳/機械・精密機器/営業職)
・「上から目線でものをいう。ありがとうごめんなさいを言えるように直してほしい」(33歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)
・「人をけなすような言動。聞いていて不快だから」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

またネガティブ発言と同様、聞いていて不快になりやすい言動が「上から目線で人をけなす言動」。もしもこんな言動をする人と結婚し、その矛先が自分に向かったとしたら……。とてもじゃないですが、家が快適な場所じゃなくなることは明白。男性にとっては、どんな癖や言動よりも直してほしい言動かもしれませんね。

■結婚するなら、自立した大人の振る舞いをしてほしい

・「何でも人に頼る、自分の意見を言わない。家族になるから、ある程度自己主張しないと話にならないから」(38歳/その他/技術職)
・「すぐに甘える」(38歳/情報・IT/技術職)
・「意見の違いはあるとは思うが程ほどの所で折り合いを付けること」(35歳/情報・IT/技術職)

彼氏がどんなに頼りがいがあり、どんなに甘えさせてくれる男性だからって頼りすぎ・甘えすぎは禁物。夫にばかり負担を押しつけすぎては家庭が成り立たなくなってしまいます。せっかく夫婦になったのですから、家庭は夫婦2人で支え合っていきたいですね。

女性が結婚相手にいろいろ求めることがあるように、男性も結婚相手にいろいろ求めることがあるようです。ひとつずつは小さなことかもしれませんが、毎日のこととなるとけっこう大変。自分にもこんな癖や言動があるなと気づいたら、結婚するためにも、ちょっと控えめにしてみる等の工夫は必要かもしれませんね。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年7月24日~8月8日にWebアンケート。有効回答数115件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]