お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

洗濯物は畳まない!? 働くママたちが実際やっている超時短術・13つ

家事働いているママたちは、仕事や子育て、家事に大忙し。そんな中、働くママたちが実際している時短術とは、どんなものがあるのでしょうか? 今回、実践している方法をリサーチしてみました!

【結婚後に、こうなったらイヤだ! と思う妻の外見は?】

■家事~料理編~

・包丁使わない(27歳/情報・IT/販売職・サービス系)
・料理の時短術:煮物を大量に作っておき、リメイクする。(ひじき煮→翌日ひじきチャーハンにする、筑前煮→翌日細かく刻んでミートソースの具にする等)(30歳/医療・福祉/事務系専門職)
・野菜や肉は下ごしらえをしてから冷凍保存。煮物をするときは一度レンチンして時短(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・お米を研ぐ時間短縮のため、無洗米を使うようになった(31歳/金融・証券/専門職)

■家事編~洗濯編~

・洗面所に行くときに、畳んだ洗濯物を持っていく……等、出来るだけ1度の行動で複数のことを行う。(33歳/ソフトウェア/販売職・サービス系)
・洗濯物は、洗い終わったら大きな入れ物に全部入れて畳まない(31歳/ソフトウェア/専門職)
・洗濯をスピードモードにする(27歳/医療・福祉 /専門職)

■仕事編

・考える仕事は、なるべく電車の中や寝る前などにやってしまう。(28歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・移動中に仕事の段取りを決めておく(27歳/通信/通信)
・どこでも仕事がちゃちゃっとできるよう、モバイルノートを購入した(32歳/金属・鉄鋼・化学/専門職)

■美容編

・オールインワンのスキンケアを使うこと。(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・アイメイクはしない(28歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・まつげパーマをかけて化粧時間を短縮(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

みなさんからは家事の時短術について多く集まりました。無洗米を使う、包丁を使わない、なんて中々想像できないものもありましたが、1分が大切な働くママにとっては有効な時短法ですよね。みなさんも、取り入れられるものがあれば、ぜひ試してみてくださいね!

※画像は本文と関係ありません

(編集部)

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数91件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]