お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

薄毛を気にするきっかけ、男性は「家族や友人からの指摘」女性は「抜け毛の量」

リクルートライフスタイルが運営する国内最大級のヘアサロン&ビューティーサロン検索予約サイト『ホットペッパービューティー』は、薄毛およびその関連症状を気にしている20~59歳の男女を対象に「薄毛に関する意識調査」を実施した。有効回答数は2,149名。

■薄毛を最も気にしているのは30代!
髪への不安がある人のうち、薄毛が気になる割合を年代別でみると、男性では20代の75%が薄毛を気にしており、30代になると77,9%と最多となった。40代、50代と歳を重ねると気にする割合が減る傾向にあった。一方女性は、年齢があがるほど薄毛に悩む人が増え、40代以降は男性よりもその割合が多い結果となった。

■きっかけは家族や友人からの指摘
毛髪について気になり始めたきっかけを聞いたところ、男性は自分で気づく以外に家族からの指摘や友人・知人からの指摘をきっかけにしていることが分かった。女性は、抜け毛の量や洗髪時など、現実的なきっかけで意識し始める傾向にあった。

■毛髪対策にかけるお金は30代男性が最高額
毛髪対策にかける金額と、かけても良い金額を聞いたところ、男性は30代が現在かけている金額4,745円、かけても良い金額6,180円と最高だった。一方女性は、対策にかける金額は少なく、また薄毛を気にする割合は30代より40代が多いが、現在かけている金額は30代が3,239円、40代が2,834円と、悩みとは比例しない結果となった。

■男性は若い人ほど美容室に「ボリュームアップして見える髪型」を期待
毛髪に関して、美容院・理容院に期待することを20代、30代に聞いたところ、 男性は20代の50%が「ボリュームアップして見える髪型」を期待しており、30代より高かった。女性では20代は「頭皮診断」「基礎知識」がランクインした。また、「ヘッドスパ」はどの層も3位~4位となり若年層への認知が高まっている様子がうかがえた。

お役立ち情報[PR]