お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 海外旅行

日本に訪れる海外からの旅行者、よく行く県はどこ? どこの国の人が多いの?

日本を訪れる外国人旅行者の数が増加しています。観光庁の調査によると、2013年(平成25年度)の10-12月期の訪日外客数は約263万人。昨年の同時期が約204万人なので、30%近くも増加しています。では、こうした日本を訪れる外国人旅行者の皆さんは、日本のどの都道府県に多く訪れているのでしょうか?

また、皆さん日本旅行は満足しているのでしょうか? 調べてみました。

【迷子、スリ、ナンパ…… 海外で危険な目に遭った体験談】

■日本へ旅行に来るのはアジア圏からが多い

観光庁が発表しているデータによると、2013年(平成25年)は年間で約1,036万人の外国人の方が旅行で日本へ訪れています。

2010年度……861.1万人
2011年度……621.9万人
2012年度……836.8万人
2013年度……1,036.4万人

この数値は、震災の影響で観光客が激減した2011年度以前よりも増えています。この調子でいけば、来年度はもっと増加するかもしれませんね。

ちなみに、日本を訪れる外国人旅行者の国籍ですが、観光庁の調査の標本数を見ると、韓国からの旅行者が最も多く、全体の23%ほど。次に多いのが台湾。こちらが21%ほどです。中国は約13%。香港からの旅行者約6-8%ほどになっています。

全体的にアジア圏からの旅行者が多いようです。アメリカからの旅行者は8%ほどなのだとか。

韓国はお隣ですし、時間もあまり掛からないので旅行に来やすいのでしょうね。

■たくさんお買い物をしてくれる中国人旅行者

次は、外国人旅行者の主な訪問先を調べてみました。同じく観光庁の調査によると、訪問先として多いのは東京都、京都府、大阪府の3つだそうです。東京や京都は外国人に人気がありるので納得ですが、大阪府が多いのは意外ですね。

国籍別だと韓国の方は先ほどの3つの都市以外では福岡県を訪れる方が多く、台湾からは北海道、香港からは北海道と沖縄、アメリカからは千葉県への訪問者が多いとのことです。

また、国別の消費金額のデータも出ています。日本旅行で一番お金を使ってくれるのは中国人の旅行者の方。その額は年間で2,759億円にもなります。次は台湾の旅行者の方。こちらは年間2,475億円です。次いで韓国の旅行者の方で、1,978億円。

中国の旅行者の方は、訪れる人数は韓国や台湾に及びませんが、使ってくれるお金は多いようです。さすが勢いのあるチャイナマネーです。ご商売をされている方にとっては、ありがたいことですよね。

■自然を満喫できる穴場スポットが人気

海外の旅行掲示板によると、主要な観光地以外では地方のマイナーなスポットや、自然を満喫できるスポットが注目されているようです。

掲示板では、広島県と愛媛県を結ぶ「しまなみ海道」や青森県の「八甲田山」、沖縄県の「宮古島」「石垣島」といった離島などの人気が高いようでした。また、日本各地の温泉地を訪れる方も多いようです。

こうした日本を訪れる外国人旅行者に、日本旅行の「満足度」を調査したところ、「満足」以上の回答が9割を超え、「大変満足した」という回答は約4割にも上ったそうです。日本人の「おもてなし」の気持ちが伝わっている結果だとしたらうれしいですね。

※訪日外国人消費動向調査
http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/syouhityousa.html

(貫井康徳@dcp)

お役立ち情報[PR]