お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

こんな女性は勘弁! できないと恥ずかしい! 気遣いができないと思う女性の行動

女性「気遣いベタな女性」よりも「気遣い上手な女性」がモテるというのは、当たり前なこと。では女性から見て「気遣いベタ」な女性はどう見えるのでしょうか? また、上手下手の境界線は一体どこ? 働く女性に「気遣いができない女性」について聞いてみました。

【どこまでOK? 「気遣い」と「おせっかい」のボーダーライン】

■公共の場でマナーを守れない女性

・「エレベーターのボタンの前で、何にもせずに携帯いじってる子」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「電車内で、自分のポジションから絶対に動かない人」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「妊婦さんとかに席を譲らない」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

女性から見ても「気遣いできない人だな」と思うのが、公共の場でマナーを守れない女性。公共の場で我が道を行く女性は、女性からもヒンシュクの的。せめて「体が弱い人を気遣う気持ち」くらいは、同じ人間として持っていてほしいものです。

■思ったことをそのまま口にする女性

・「不妊治療をしている女性の前で子どもの話をする」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「言葉の端々に悪気のないトゲを感じる」(23歳/人材派遣・人材紹介/営業職)
・「風邪などで具合が悪い人に『うつさないで』と言う」(33歳/その他/秘書・アシスタント職)

悪気はなく、ただ思ったことを素直に口に乗せているだけなのだろうけれど、こんな言葉を口にする人を見ると「気遣いできないんだな」と思ってしまいますよね。聞いている人がその言葉をどう思うのか。ちょっと立ち止まって考えてみる癖は大事です。

■自分勝手でわがままな女性

・「時間に関係なく夜の遅い時間でも電話をしてくる。しかも、しょうもない会社の愚痴など緊急性のない電話」(30歳/機械・精密機器/営業職)
・「彼の友達の前でもガミガミいつも通り怒る」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「デートで疲れたとか、つまらないとか平気で言う。相手だって疲れてるだろうに……」(28歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

自分勝手でわがままで、人の思いなんか二の次で、何でもやりたい放題の女性は男性だけでなく、女性も見ていて引いてしまうもの。相手の身になって初めてできる「気遣い」は、きっとこういうタイプの女性には難しいんだろうな……と、なんとなく思ってしまいます。

■要注意! 飲食店のこんなふるまいを女性はチェックしている

・「セルフサービスの店に行って、自分の分だけ水や箸などを取ってくる人」(27歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)
・「外食していて、自分の飲み物しか頼まない人」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「勝手に唐揚げにレモンをかける人」(26歳/学校・教育関連/専門職)

「気遣いできる・できない」を判断するときに、よく女性がチェックしているのが飲食店でのふるまい。特に上記のようなふるまいをする女性は「気遣いできない人」だと判断されやすいようです。ただ微妙なのが唐揚げにレモン。場合によっては「気遣いがない」判定されることもある様子……気遣いって奥が深い。

社会人として最低限の振る舞い、最低限のマナーさえ心がけていれば、女性は同性の気遣いを、それほど厳しくは見ていないようです。ただ女性の「飲食店での振る舞い」だけは割と厳しめに見ているよう。飲み会・合コン・女子会ではくれぐれも気をつけましょう。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]