お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

大阪新阪急ホテル、秋の恒例モンブランが大きく変化した「ビッグ・アイス・モンブラン」登場

「ビッグ・アイス・モンブラン」

阪急阪神ホテルズが展開する大阪新阪急ホテル内のグルメバイキング「オリンピア」は、『ビッグ・アイス・モンブラン』を9月1日(月)より提供開始した。

【「●●アイス」が好きな女性はセックスに積極的ってホント?】

『ビッグ・アイス・モンブラン』は、同店の秋の名物デザートであるという『ビッグ・モンブラン』をアレンジしたもの。従来の「モンブラン」とは異なり、クルミ入りダクワーズの上にマロンアイスを、その上にマロンソースと刻んだ栗をトッピングして仕上げたとのこと。

提供は、同店初となるワゴンサービスで行われる。

バイキングの利用価格は、ランチは平日11時半から、土日祝13時半からで3,700円(平日13時半からと土日祝15時半からはスペシャルタイムとして3,000円)、ディナーは17時半からと19時半からで、4,700円。

平日は100分、土日祝は90分の食べ放題。価格は全て税込み。なお、『ビッグ・アイス・モンブラン』の提供は12月3日(水)まで。

お役立ち情報[PR]