お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女子力発揮! BBQに持っていきづらい食材はこれでOK! 「あらかじめカット」「保温ボトル」

アウトドアに出かけると、BBQも当然するといった方が多いですが、実際についてから準備をしていると、スタートするまでとっても時間がかかったという場合が多いようです。そこで今回は、アウトドアに持って行きづらい食材に対して、みなさんはどういった工夫をしているのか、働く女子に聞いてみました。

■野菜はカットして持って行く

・「キャベツやカボチャなど大きな食材は事前にカットして持っていく」(30歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「生野菜は事前に洗って切って持っていく」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/秘書・アシスタント職)

・「あらかじめ野菜を切っておくとか、下準備をしておく」(31歳/学校・教育関連/営業職)

もはやBBQの常識!? 野菜はカット! みんなで前もって分担して切ってから持って行くことで、時間短縮につながるようです。

■下ゆでして持って行く

・「野菜はあらかじめ切ってから持っていく。人参などは下ゆでしていく」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「固い野菜はゆでてから持っていく」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「卵はゆで卵にしておくといいです」(27歳/学校・教育関連/専門職)

少し気のまわる女子になると、硬い野菜や傷みやすいもの、火が通りにくいものは下ゆでをしているようです。

■冷凍して持って行く

・「生もので冷凍出来るものは凍らせて行くと傷みにくい」(29歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「汁が出そうなものは、凍らせて持って行く」(33歳/その他/専門職)

傷みやすいものや汁物は、冷凍して持って行くといった方法もあるようです。暑い夏には特に重宝するワザかもしれませんね。

■最初から用意しておく

・「肉などは下味をつけていく」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「あらかじめ作ったスープを保温のきくボトルに入れて持って行く」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

現場にいってバタバタすることがないよう、自宅で用意する際に、下準備できるものはしておくといった意見もありました。

■アイデアをいかす

・「卵を小さいタッパに入れておくと割れずに持ち運べる」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「トレーに入ったお肉はなるべくトレーを捨ててビニール袋へ入れていく」(27歳/ソフトウェア/技術職)

現地で頭を悩ませるのが、ゴミの量です。なるべく家で、ゴミは処分して、現地でゴミを減らせるようひと工夫。卵はタッパにぎゅうぎゅうにして持って行きましょう。

■フルーツは切る・凍らす

・「ぶどうを凍らせて持っていくと丁度食べ頃になりバラバラになっても見栄えが悪くない」(27歳/電機/技術職)

・「フルーツはあらかじめ切っておく。そして変色するものはレモンなどを使う」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

お口直しにフルーツを持っていきたいという人は、冷凍したり、カットしてもっていくと便利です。

みなさん、いろいろな裏ワザを持っているようで、キーワードは現地で簡単調理!ということのようでした。現地で包丁使いを見せるのも良いですが、手早く簡単に料理ができるほうが、女子力上がること間違いなしかも?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年5月にWebアンケート。有効回答数198件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]