お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

自分に自信のない人は、デキる女になりやすい「ポジティブな暗示をかければ」

あなたは今の自分に、自信を持てていますか? ひょっとしたら、「本当はどうなんだろう……」と深く考え込んでしまう女性もいるのかもしれませんね。もしも自信が持てなくても、大丈夫! 自信のない人ほど、デキる女になりやすい!という興味深い説をご紹介します。

【ボクっこ女子の特徴「悪い子ではないことが多い」】

■自己評価が低いからこそ

自分に自信が持てない女性は、自己評価が低い人です。自分で自分のことを評価するときに、どうしても点が辛くなりがち。一見「謙虚な姿勢」を持っているように思えますが、「保守的でチャレンジ精神を持ちにくい」「駄目だったときの原因を考えなくなる」などのデメリットが存在します。

上手な恋愛を楽しむためにも、自己評価は高い方が良いと言われていますよね。しかし「自己評価が低い人だからこそ得られるメリット」というものも、ちゃんと存在するのです。

自己評価が低い人は、周囲から認めてもらいたいという気持ち、いわゆる「社会的承認欲求」が強いと言われています。自分で自分のことを認められないからこそ、他者からの評価で自分を安定させようとします。実は仕事で成功するためには、この欲求が非常に大切なのです。

■やみくもに頑張る!

仕事において、他者からの評価は非常に重要です。プレゼンを評価するのはお客様ですし、自らの仕事ぶりを評価するのは上司です。自己満足だけで良い仕事は出来ません。自己評価が低いからこそ、常に他者からの評価に敏感で、それに合った仕事ができるのだと言えるでしょう。

「私なんて……」と思わずに、ぜひ一生懸命頑張ってみてください。他者からの評価は、きっと後からついてくるはずです。そうした評価が得られたら、それが自分の自信に繋がることでしょう。

■ポジティブな暗示をかけよう!

自己評価が低い女性は、「暗示に掛かりやすい」と言われています。デキる女になるために、ぜひこの特徴をプラスの方向に活用しましょう。ズバリ、「自分はやれる!」というポジティブな暗示を、自らにかけるのです。暗示をかける方法は、実に簡単。

毎朝、鏡の中の自分に向かってポジティブな言葉を言ってあげればOKです。これだけできっと、前向きな自分に変身できることでしょう。

■まとめ

自分に自信がないからといって、全てを諦める必要はありません。他者から認められるように頑張ることで、きっと自然と自己評価も高まるはず! まずは自分に「ポジティブな暗示」をかけることから始めてみましょう!

お役立ち情報[PR]