お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

Yahoo!ショッピングは安い! ネット通販サイト5社の比較調査で判明

最安値占有率

「Yahoo!ショッピング」を運営するヤフーは、同サイトサービスの販売価格への影響を計るため、夏のボーナス商戦期に合わせて、2014年6月の大手ネット通販サイト3社(同サイト、楽天市場、Amazon)および大手価格比較サイト2社(価格.com、コネコネット)の計5社における、取扱い商品の最安値比較調査を実施した。

【事前申し込み不要!人気モデル“タキマキ”さんと楽しむ新感覚ショッピングアプリ「People&Store」タッチ&…】

この最安値比較調査は、2013年10月に、ストア出店料(月額システム利用料)と売上ロイヤルティを”無料”とする同社の「eコマース革命」を受けた結果を調査する目的でおこなったもの。

同サイトなど大手ネット通販サイトおよび大手価格比較サイトの計5社において、人気商品カテゴリ(「ビューティ・ヘルスケア」「食品・ドリンク・お酒」「スポーツ・アウトドア」など11カテゴリ)から、売れ筋商品を選抜し、2014年6月の販売価格を比較、5社それぞれの最安値占有率(5社の中で最安値となる商品数の割合)を商品カテゴリごとに算出した。

結果、同サイトでは化粧品類に顕著な特徴が見られ、「化粧水」の最安値占有率が「37.5%」、「乳液」が「52.5%」、「美容液」が「40.0%」となり、化粧品類の最安値占有率が最多となった。

2014年上半期(1月~6月)における、人気商品カテゴリの売れ筋商品全体の最安値占有率を、大手ネット通販サイト(同サイト、楽天市場、Amazon)の3社間で比較すると、同サイトが他の2強サービスを上回る結果となった。

同社は、「eコマース革命による無料化で、出店者の負担減が販売価格の値下げなどにつながり、ユーザーへ還元される流れになっている」と分析した。

(エボル)

お役立ち情報[PR]