お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「あなたを信じていない人」を見極める簡単な方法「鼻の下に手を当てる=拒絶のサイン」

「鼻を触るのは、嘘をついている証拠」というのは有名な話。このほかにも、鼻には相手の気持ちを汲み取るヒントがあふれています。今回は、鼻を見ればわかるウラ心理をいくつか紹介します。

■鼻を上にツンと突き出す=「高慢」な性格

鼻は、顔の中心、つまり自分自身の中心に位置するパーツです。そのため、顔の中でも特にプライドや自意識を象徴すると考えられています。もとより突き出ている鼻をさらにツンと上に動かすしぐさは、その人の高慢な性格を表していると言えます。

■鼻の下に手を当てる=「拒絶」のサイン

照れ隠しのために、鼻の下を擦ったりする人は多いもの。ただし、鼻の下に手を持っていくしぐさは、必ずしも良い雰囲気のときだけに見られるとは限りません。相手が鼻の下に手を当てるのは、不安から来る「拒絶」を意味する場合もあるからです。

一見、興味を持って話を聞いているように見えても、実は心理的には相手を受け入れられないでいる可能性も。頻繁に鼻の下に手を伸ばす異性を見て「照れてるのかな? カワイイ!」なんてのんきに構えていたら、後で痛い目を見ることになるかもしれませんので、注意しましょう!

■話の最中に鼻に手をやる=「相手を疑っている」証拠

会話の途中に、相手が何度も鼻に手をやるようなら、それも要注意のサイン。なぜなら、相手の話を疑っているときに、無意識のうちにこのしぐさが出ることが多いからです。話をしている最中に頻繁に相手が鼻に手を運んでいたら、あなたの話に自信や安定感が足りないのかも。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]