お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

大人女子としてのマナー・男性との接し方4選「断るときには丁寧にハッキリ」

大人女子たるもの、いつなんどきでも人に見られていることを忘れてはいけません。そうした努力が、きっと女子としての確かな魅力に繋がるはず! キラキラと輝くような、大人女子になるために、今回は男性との接し方として覚えておきたいポイントを4つ紹介します。

【後片づけはちゃんとして!? 「トイレでのマナー違反な行動」って?】

■ポイント1、男友だちとの距離の取り方

大人女子にとって、彼氏との恋愛は非常に大切なもの。しかしだからといって、男友だちとの友情をおろそかにしていいわけではありません。彼氏にはできない話でも、友達になら……なんて場面も、少なくないのではないでしょうか。

大人女子として大切にしたいのは、男友だちとの距離の取り方です。ベタベタして、相手にも周囲にも、そして大切な彼氏にも誤解されるのはNGです。誰に見られても大丈夫! という、堂々とした空間で、出来れば複数人で会うのがオススメです。

■ポイント2、断るときには丁寧にハッキリ

人に嫌われるのが苦手と感じる方は多いはず。何かを断らなければならないときにも、つい回答をあいまいにしてしまうことはありませんか? ステキな大人女子を目指すなら、これはNG。好きでもない相手からデートに誘われてしまったときや、初対面なのに迫られたときには、きちんと「NO」を伝えることが重要です。

「ごめんなさい。でもダメなんです」と丁寧に、しかしハッキリと自分の意志を伝えましょう。

■ポイント3、おごってもらったら「ありがとう」

男性にとって、圧倒的に印象の良くない女子といえば、「おごってもらって当たり前」と考える女子です。一緒に食事をするときには、「自分の分は自分で払う」という態度をきちんと示しましょう。ただし、もしも「いいよ」と言ってもらえたときには、「ありがとう」と伝え、甘えさせていただきましょう。

次の機会に、お茶などをごちそうするのもオススメです。

■ポイント4、相手の気持ちも大切に

大人女子として、求められることも多いのが「気遣い」ですが、上手に実践するのは少々難しいものです。これは、自分にとっては「気遣い」のつもりでも、相手の気持ちを無視したら、ただの「押し付け」になってしまうためです。

「相手のためを思って食べ物を用意する」のは気遣いです。しかしもしも相手が「今は必要ない」と言っているのに、渡そうとするなら、それは押し付けになってしまいます。「必要になったら言ってね」と一歩引くことも大切なのです。

自分にとって心地よい空間とは、人それぞれで違うものです。それぞれの意見を尊重できる女子が、本当の意味で素敵な女子だと言えるでしょう。

分かっているようで分かっていない、男性との接し方、重要ポイント4選はいかがでしたか? 上手な接し方をすれば、男性との友情も恋も、きっともっと大切に出来るはず! ぜひ実践して、身に付けましょう。

お役立ち情報[PR]