お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 素敵!フランス

フランス=愛の国?に40.6%がYES「詩を読むのが好きだから」「街中で普通にキスしているから」

「愛の国」と呼ばれている一方、首都パリの人は「世界一冷たい」とも評されることがあるというフランス。果たして本当に「愛の国」なのでしょうか? 気になりますよね! 読者のみなさんに聞いてみました。

Q.「愛の国フランス」という言葉がありますが、実際にあなたはそうだと思いますか?

思う 40.6%
思わない 59.4%

■「愛の国だと思う」編

・「街中で普通にキスしている姿を見かけるから」(24歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「フランス人は詩を読むのが好きだから」(27歳/学校・教育関連/専門職)
・「カトリックの国ですが、恋愛に関して奔放なところがあると思います。愛人が公認されているとか」(31歳/医療・福祉/専門職)

日本人はあまり人前でキスしませんが、愛する人を恥ずかしげもなく「モナンジュ(天使)」と呼ぶフランス。愛の言葉がしゃれているのも特徴です。

・「元彼がフランス人だったが、連日メールで『愛してるよ』と来ていた」(30歳/機械・精密機器/営業職)
・「いつもナンパされるからそう思う」(32歳/金融・証券/事務系専門職)
・「通りすがる女性に声をかけないのは失礼に値する、という話を聞いて『凄い……』と思った事があるから」(30歳/不動産/事務系専門職)

紳士なようでいて、とても積極的なフランス人男性は肉食系!? 「声をかけないと失礼」なんていかにも「愛の国」ですね。

■「愛の国だと思わない」編

・「自分のフランス人の友人の多くは、割と恋愛に対してドライだから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「シングルマザーも多い」(25歳/金融・証券/営業職)
・「オシャレだとは思うが、プライドも高そうだし、離婚率も高めのイメージがあるから」(31歳/情報・IT/技術職)

日本よりも離婚率・再婚率の高いフランス。愛情のなくなった相手とは早めに別れ、新しい愛を探す人が多いようです。

・「友だちからフランスではフランス語を話せないとばかにされるという話を聞いたから」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「旅行にいって店員の態度とか見ていると、あまりいい気がしない」(30歳/生保・損保/事務系専門職)
・「ただ公衆の面前での愛情表現が普通に行われている国だというだけだと思う」(30歳/金融・証券/営業職)

こちらは「冷たいパリっ子」のイメージでしょうか。確かにかたくなに英語を拒む人もいますし、ちょっぴりいじわるかも!?

それぞれのご意見を見てきましたが、いかがですか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年5月にWebアンケート。有効回答数298件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]