お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

ふっくら分厚いパンケーキのお店「雪ノ下銀座」―定番人気はシンプルな「発酵バター」700円

発酵バターと、蜜柑の花から採った高級蜂蜜で味わうシンプルパンケーキ。

女子を中心に大人気のパンケーキ。ハワイ、ニューヨークなど海外から出店した珍しいパンケーキ店も流行っているが、日本のパンケーキだって負けてはいない。最近、都内で味にうるさい食通たちからも熱い支持を受けているのが、分厚いパンケーキが名物のカフェ「雪ノ下銀座」だ。

【NYを代表するカップケーキ店が表参道に出店! 『マグノリアベーカリー表参道』オープン!!】

●素材本来の味が生きた、極上パンケーキ
人気の大きな理由は、並々ならぬ「素材へのこだわり」にある。パンケーキには、北海道産の小麦、静岡県大美伊豆牧場の低温殺菌牛乳、三重県産の平飼い鶏の有精卵、鹿児島県産の天然水と、すべて国産の厳選素材を使用。

店長にその理由を聞くと、「通常パンケーキには輸入小麦を使うことが多いのですが、海外から小麦粉を輸送する際には、必ず防腐剤が使われます。うちでは、お客さまには安心・安全な食材だけをご提供したいので、小麦粉も100%国産です」。

一番人気のパンケーキは、「発酵バター」700円。まずふっくらした卵色の生地をそのまま口に含むと、嫌みのないほのかな甘みが広がる。これは砂糖の甘さではなく、牛乳本来の甘みなのだそう。生地そのもののおいしさを存分に味わった後は、添えられた蜜柑蜂蜜をかけて。

爽やかな香りと上品な甘みが、生地やバターの風味を引き立てる。いろいろと他のパンケーキを試した後、結局はこの「発酵バター」に戻ってくる人が多いと言う。
銀座の中心街からは少し外れた立地だが、リピーターが多いため、店内は連日大賑わい。時間帯によっては行列ができることも。狙いめは、開店直後と、12時から13時の間、17時から18時の間。これらの時間帯であれば、並んでいたとしても2、3組程度のことが多い。

これからの時季は、産地直送の新鮮なフルーツを使ったジュースやかき氷も見逃せない。

【店舗データ】
店名:雪ノ下銀座
所在地:東京都中央区銀座1-20-10 トマトハウス3F
営業時間:火~金/11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
土・日・祝/10:00~19:00(ラストオーダー18:30)
定休日:月(祝祭日は営業、その場合翌日お休み)
メニューはすべて税込価格

【その他メニュー】
・ ホットコーヒー600円
・ 紅茶600円
その他のパンケーキ
・ 「森半の抹茶の緑」800円
・ 「愛媛産レモン」700円
※ドリンクとパンケーキはセットで200円引き

お役立ち情報[PR]