お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

オープン前から行列!とろける極上肉を使ったランチ限定「黒毛和牛のひつまぶし御前」が1,300円!六本木の和食店「御曹司 松六家」

香の物やサラダ、小鉢なども付き、彩りも美しい。「黒毛和牛のひつまぶし御前」1,300円

六本木駅近くの裏通りにある「御曹司 松六家」。夜は地鶏の水炊き鍋や会席料理などを出す高級和食店だが、ランチタイムには驚くほどコスパの高いメニューが食べられるということで、この界隈では有名だ。口コミでの評価も高く、噂を聞きつけて訪れた人々で開店前から行列ができるほど。

【創業55年間変わらない秘伝のタレ“紙焼き”羊鍋料理がウマい!「元祖紙やき ホルモサ 日本橋店」2980円食べ放題も!】

●レアのお肉がとろける!
噂のランチメニューとは、「黒毛和牛のひつまぶし御前」1,300円。メイン料理は、炭火で軽く炙ったレアのA5ランク黒毛和牛がのった丼だ。舌でとろける極上肉の旨味を、秘伝のタレが見事に引き立てる。驚かされるのは、食べ進むとごはんの中からも肉が現れること。

ごはんに混ぜられている肉の方はレアではなく、よく火を通したもの。焼き加減の違う肉を一度に味わえるというわけだ。ちなみにこのメニュー、丼として食べたあとは、だしをかけて牛茶漬けとしても楽しめる。

こだわっているのは、素材や味だけではない。「お客さまに提供するまでに、盛り付けや配置などを複数人で数回チェックします。作り置きなどは行っていないので時間はかかりますが、最高の状態で提供できるよう手間は惜しみません」と店長。

素材の質が高くボリュームも満点な上、盛り付けにもプロのこだわりが行き届いた贅沢すぎるこのランチ。「ホントに1,300円!?」と思わず疑ってしまう人も多いようだ。

ランチメニューは、ほかに「地鶏の親子丼と山形板蕎麦セット」1,100円のみ。ランチ営業は、限定数が売り切れ次第終了してしまうため、曜日を問わず行列は必至。オープン1時間前から並ぶ人もいるほどで、残念ながら特にすいている時間はないと言う。

どうしても食べたい場合は、ぜひ早めに駆けつけよう。

【店舗データ】
店名:御曹司 松六家
所在地:東京都港区六本木4-10-2 荒川ビル1F
営業時間:ランチ11:30~14:00(ラストオーダー13:30)?
ディナー17:00~23:30(ラストオーダー22:30)
定休日:日
月曜日が祝日の場合は、日曜日は営業
※月に1回不定休で土曜日のランチが店内清掃にて休業
HP:http://www.tokyo-rf.com/restaurants/r04/
メニューはすべて税込価格

【その他メニュー】
・松六家会席8,800円
・地鶏水炊き鍋会席8,800円
・黒毛和牛の牛炊きしゃぶ鍋会席11,000円
※いずれも夜のメニュー

お役立ち情報[PR]