お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 家事

一番驚いた洗濯の豆知識ベスト5「2位:黒いTシャツをビールで洗う」「3位:バナナの皮で革ソファ」

洗濯物まさに目からウロコ! 専用の洗剤や道具がなくてもできるシミ取りなどの洗濯テクニック。効果バツグンの割には意外と知られていないようですね。今回は、女性のみなさんが「一番驚いた洗濯の常識」ランキングをお届けします。

Q.あなたが一番驚いた洗濯のテクニックはどれですか?

第1位 「血液の汚れは水につけておくだけで綺麗に取れる」26.2%
第2位 「色あせた黒いTシャツはビールと一緒に洗ってあげると色がよみがえる」23.5%
第3位 「バナナの皮でソファの革汚れを落とせる」19.7%
第4位 「洗濯機の汚れは家にある酢やシャンプーを使って掃除ができる」13.6%
第5位 「布団が干せない場合は、畳んでしまうより敷いたままのほうがいい」9.2%

※6位以下略、「その他」は除く

■第1位 素早い処置が決め手! 「血液汚れは水洗い」

・「あまりにも手軽だったので驚いた」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/秘書・アシスタント職)
・「血液汚れは、ハイターじゃないと、落ちないと思っていたから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)
・「知らなかったので今度やってみようかと思う」(31歳/医療・福祉/専門職)

血液中のたんぱく質が酸化してしまう前に水洗いすれば驚くほど手軽に落ちるのですが、意外と知らない人が多かったようですね。外出先などで、すぐに水洗いできないときもぬらしたハンカチなどを使えば落とすことができます。ただし、時間が経ってしまった血液のシミには、やはり洗剤や漂白剤などが必要になります。

■第2位 お気に入りも復活! 「ビールと一緒に色あせた黒いTシャツを洗う」

・「色あせをよみがえらすことができるなんてすごいと思うので」(23歳/その他/その他)
・「色あせた黒いTシャツわが家にあります。早速試してみます」(29歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「色あせたものは、元に戻らないと思っていたから」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

素材や使われている染料によっては、効果がない場合もあるようですが、洗濯の最後のすすぎのときビールを入れるだけという手軽さ。お気に入りの黒いTシャツを復活させることができるなら試してみる価値ありですよね。

■第3位 捨てるはずのものが大活躍! 「バナナの皮でソファの汚れ落とし」

・「バナナの皮って……臭くなったり、ベタベタしないのか、逆に汚れそうで不安」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「どうして汚れが落ちるのかとバナナの匂いが革に移らないか気になったので選択しました」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「革汚れはあきらめていたが、バナナの皮で取れることにびっくりしたから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

バナナの皮に含まれる「タンニン」が汚れを落とすカギ。内側の白い部分で汚れをこすったあとから拭きするだけで革を傷めず綺麗にすることができますよ。しっかりから拭きすれば匂いやベタつきも残りません。

■第4位 家にあるもので手軽に! 「酢やシャンプーで洗濯機の掃除」

・「驚いたというか手軽に出来そうでいいなと思った」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「いらないシャンプーで掃除ができるなら便利だと思う」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「専用洗剤じゃないと無理だと思っていた」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

シャンプーに含まれる界面活性剤は、皮脂やタンパク、油分と水など本来であれば混ざり合わないもののどちらにもなじむことから、汚れ落としの効果を発揮してくれます。髪に合わないシャンプーなどを買ってしまった場合でも、お掃除に使えれば便利ですよね。

酢には殺菌効果もあるので清潔に保ちたい水まわりのお掃除には最適。ただし、金属を傷めてしまうこともあるので気をつけてくださいね。

おばあちゃんの知恵袋的に昔から受け継がれてきたものも核家族化が進んだ現代では、驚きのテクニックになってしまうということもあるのかもしれませんね。生活の知恵を拝借するために、お母さんやおばあちゃんとじっくり話をする機会を設けてみるのもおもしろいかもしれませんよ。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年3月にWebアンケート。有効回答数294件(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]